主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

朝ウォーキングのダイエット効果とは?食事は?注意点とは

   

aac233fcf2eead7525a98d96c4a214ee_s
ダイエットのために朝ウォーキングを始めようか悩んでいるあなた!

朝ウォーキングには、ダイエットに効果的な理由があります。

 

その効果をより高めるためには食事もポイントなんですよ(*’∀’人)

今回は、朝ウォーキングのダイエット効果と、効果的な食事、それから朝ウォーキングの際の注意点についてまとめました。

朝ウォーキングで、健康的にダイエットしましょう!

スポンサードリンク

朝ウォーキングダイエットの効果とは?

朝のウォーキングは、脂肪を燃やすのに最も効果の高い方法だと言われています。

朝と、言っても食後ではありません。食前の空腹時です。

 

食べた物を消費するために、食後の方がよさそうな気がしますが、

食後だとまさにその食べたものの消費にエネルギーが使われるため、体内に蓄積されている脂肪にまでなかなか行きつきません。

これでは、ダイエットにはなりませんね。

 

私たちが運動すると、まず始めに糖質がエネルギーとして使われ、その次にやっと脂肪が使われます。

「ウォーキングは20分以上」というのを聞いたことがあると思いますが、

20分までは糖質がエネルギーとして使われるため、脂肪を燃やすためには20分以上必要だという理由からなんですね。

 

空腹時は、体内の糖分が少ない状態です。

ですから、この時にウォーキングをすると、糖分が早く消費され、早い段階で脂肪が使われだすため、

効率よくダイエットできるというわけです。

 

でも、だったら空腹時ならいつでもいいんじゃないの?

 

はい。

空腹時ならいつでもいいのですが、その中でもやはりが一番効果的です。

その理由は、いくつかあります。

 

食事間隔が最も広く、血糖値が低くなっている

血糖値は、食事をとると上がります。

ですから、食事の間隔が1日の間で1番広い起床時が、最も血糖値が低くなります。

血糖値が低い

糖分が早く消費される

脂肪の燃焼が早い

ですね^^

 

体内時計がリセット

人間の体内時計は、実は1日25時間

1時間多いんです。

体内時計がズレると、自律神経のバランスが乱れ、体にさまざまな不調を引き起こします。

 

ダイエットが成功しないのは、自律神経が乱れているせいだ

 

と、言われるほど、自律神経を整えることは、ダイエットにも大事なことなんです。

 

この、ズレた体内時計をきちんとリセットしてくれるのが、朝の太陽の光

朝ウォーキングをして、太陽の光を浴びることで、体内時計がリセットされ、自律神経が整います。

 

1日中代謝が高い状態を維持できる

早朝は1日の中で1番体温が低い状態。

この体温が低い時にウォーキングをすると、体温が0.7~1℃上がります。

体温が1℃上がるだけで、基礎代謝は約13%も上がると言われているんですね。

 

ダイエットには、代謝アップは欠かせません。

そのためにも、朝のウォーキングで体温を上げましょう!!

 

ウォーキングの効果をさらに高めるためには、その後の朝食にも気を使います。

スポンサードリンク

朝ウォーキングダイエットの食事は?

825b18af478f478fe7c1584ac0076568_s
朝食は、良質な炭水化物たんぱく質を食べるのがポイントです。

 

【炭水化物】・・・ご飯、パン

炭水化物は、体内で糖質に変わるため、ダイエットには不向きな食べ物として有名です。

が、全く摂らないというのはよくありません。

 

むしろ、効率の良いエネルギー源として私達に欠かせない栄養素です。

運動もせず、炭水化物を食べすぎると、脂肪になってしまいますが、運動したあとは、筋肉の回復に必要です。

 

【たんぱく質】・・・肉、魚、卵、乳製品、豆類

たんぱく質は、炭水化物の約3倍熱に変わりやすいと言われています。

体温上昇にはより効果的ですね。

 

ただし、脂肪が多いたんぱく質は、その効果が低下するので注意しましょう。

あくまでも、低脂肪のたんぱく質です。

 

これらのエネルギーに変わりやすい食事をとる事で、体温をが上がり、代謝が高い状態を維持することができるとともに、

ウォーキングで使った筋肉の回復、または、燃焼した脂肪を筋肉に変えるのに、必要なエネルギー源として使われます。

 

では最後に、朝ウォーキングする際の、注意点についてまとめました。

体に負担をかけないためにも、気をつけておきたい点です。

朝ウォーキングの注意点とは

4475ec4cd2bf7d32531bfa0daf842c79_s
朝ウォーキングだからと言って、朝起きてすぐに歩くのは体に大変負担がかかります。

起床後、30分、できれば1時間くらいたってからゆっくり歩きだしましょう。

 

その間にするべきことがありますよ!

まずは、コップ1杯の水を飲んで体を起こします。

この時飲むのは、冷たい水よりも常温白湯の方が良いです。

冷たい水を飲むと、体を温めるのに時間がかかってしまいますので(・ε・`)

 

それから、少しの糖分を補給します。

消化のいいバナナを1本食べるのがオススメです。

 

え?糖分?

朝は糖分が少ないから、ダイエットにはいいんじゃなかったの??

と、疑問に感じるかもしれませんが、あまりにも糖分がない状態でウォーキングすると、

エネルギーが足りず、ウォーキングどころではなくなります。

 

特に、低血糖になりやすい方、

それからウォーキングを始めたばかりの人は、体が慣れるまでは特に注意が必要です。

 

水分と糖分を補給したら、ウォーミングアップを。

軽いストレッチや、ラジオ体操でもいいですね。

 

準備ができたら、さっそくウォーキングです。

30分を目安に、始めは無理せずできる範囲で歩いて下さいね!

まとめ

ウォーキングを始めたからと言って、すぐに効果がでるわけではありません。

効果がみられないと、なんだかやる気もなくなってしまいますが、

まずは、3ヶ月

諦めないで続けてみましょう(・∪・)

 

それから、せっかく歩くなら万歩計をつけると、意外と励みになります。

携帯のアプリにもありますよ!

健康のために1日1万歩なんてよく聞きますが、1万歩ってなかなか意識しないと歩けませんw

スポンサードリンク

 - 美容、健康