主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

あしかがフラワーパークの藤をみたい!駐車場や混雑を避けるポイント

   

0d00efd021b590f7c5382806ed78dd96_s
あしかがフラワーパークの大藤まつりは、イルミネーションと並ぶフラワーパークの一大イベントです。

CNNが選ぶ「世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選ばれるなど、

一度は見ておきたい大藤です。

 

ただ、この藤を一目見ようと、県外からも沢山の人が訪れるため、例年すごい混雑が見られます。

そこで今回は、足利フラワーパークの藤を楽しむために、駐車場や、混雑を避けるポイントなどをお伝えしていきます!

 

スポンサードリンク

あしかがフラワーパークの藤をみたい!

まずは、足利フラワーパークの大藤について、基本情報を抑えておきましょう!

 

【ふじのはな物語~大藤まつり2016~】

開催期間:4月16日(土)~5月22日(日)

営業時間:7:00~18:00(ライトアップ時は21:00まで)

入園料:大人900円~1,700円/小人500円~800円

 

【ライトアップ開催期間】

日程:4月23日(土)~5月15日(日)

時間:17:30~21:00

入園料:大人600円~1,400円/小人300円~700円

 

※ライトアップ期間中は、17:30以降の入園で300円引き

※入れ替え制ではありません。

※入園料や、ライトアップ期間は、花の咲き具合によって変わります。

【チケットを安く手に入れる方法!】

あしかがフラワーパークの会員になると、

昼:100円引

夜:200円引

となる特典がありますので、ぜひ利用しましょう。

登録はHPより。

 

藤の見頃は、4月中旬~5月中旬の約1ヶ月と、長い期間楽しめるのですが、

実はこれ、一つの藤がずっと咲いているわけではありません。

 

うす紅藤→大藤(紫)→白藤→きばな藤(黄)と4種類の藤が咲く時期をずらして咲いていくので、

1ヶ月という長い期間楽しめるというわけです。

 

【それぞれの見頃の時期】

・うす紅藤・・4月中旬~4月下旬
・大藤・・4月下旬~5月上旬(栃木県指定天然記念物)
・白藤・・5月上旬(栃木県指定天然記念物)
・きばな藤・・5月上旬~5月中旬(日本唯一)

 

 

足利フラワーパークに駐車場はあるの?

さて、足利フラワーパークに車で出かけるという方もいらっしゃると思いますが、気になるのは駐車場ですよね。

足利フラワーパークには、300台の無料駐車場が完備されています。

 

この他、徒歩圏内に2、300台止められるような臨時駐車場が作られて、そちらに誘導されることもあります。

ですが、GWともなるとかなりの混雑は必至。

 

近くのアウトレットに行くお客さんとも合わさって、インター付近からかなり渋滞が予想されます。

1キロ進むのに1時間かかるという話も・・。

 

せっかく大藤を見に来たのに、着く前に車で疲れちゃう・・・なんて自体は避けたいですよね。

そこで、ここからは混雑を避けるポイントをお伝えしていきます!


スポンサードリンク

足利フラワーパークの混雑を避けるポイントは?

まず、なんといっても

早朝に行くこと

足利フラワーパークの開園時間をご覧になりましたか?

そう、7:00なんです( ゜Д゜;)!?

早いっ!7:00ってことは家を何時に・・?そして何時起き!?

と、思ってしまいますがwそこがポイントで、そんなに早くに来る人は多くはありません。

 

なので、この渋滞や混雑を避けたいのであれは、開園と同時くらいの時間に行かれることをおすすめします。

ちなみに、8:00頃になるとすでに渋滞します。・・僅差ですね。

バスツアーが着くのもだいたい8時すぎなので、園内も混雑してきます。

 

15:00以降に入園すること

HPにも書いてありますが、午後遅い時間帯、15:00以降の

ライトアップの前なら、比較的スムーズに入園することができます。

この時間に入って、ライトアップも見て両方楽しむのも良いですよね♪

 

以上が、比較的スムーズに入れる時間帯です。

 

また、上の時間帯はちょっと無理・・という場合は、

最寄りの駅にとめて、電車、またはシャトルバスを使う

という方法もあります。

 

最寄りの駅は、

・JR両毛線「富田」駅(徒歩13分)

ですので、ここの一つ手前、

・JR両毛線「佐野」駅

周辺に車をとめて、富田駅まで電車で向かう。

佐野駅周辺の駐車場

 

もしくは、フラワーパークまでシャトルバスが出ている

・東武伊勢崎線「足利市」駅

を利用されると良いと思います。

 

【シャトルバス】

足利市駅より約30分

ふじのはな物語期間中毎日運行

料金:片道400円

 

ただ、駐車場代+電車代orシャトルバス代がかかってくるので、

できれば、上二つの時間帯に行かれることをおすすめします。

 

まとめ

混雑はしますが、行って良かったと満足して帰って来れるはずですよ~!

「映画アバターに出てくる魂の木のようだ」と表現される幻想的な光景をしっかり味わってきてくださいね(*´꒳`*)

早朝行くとなると、他による場所はないかな?

という方は、

こちらの記事に周辺の楽しめるスポットや、温泉情報をご紹介していますので参考にされてくださいね!

足利フラワーパークイルミネーションにデートで行くなら?

スポンサードリンク

 - 春のイベント