主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

熱田祭り花火の打ち上げ場所とおすすめ鑑賞スポット!屋台情報も!

   

hanabi
夏がやってくる前に、名古屋でいち早く開催される花火大会と言えば「熱田祭り

例年25万人ほどの人出で、梅雨を吹き飛ばす賑やかなお祭りとして人気です。

 

今回は、そんな熱田祭りで楽しみにしている人も多いであろう「花火」と「屋台」についてまとめました。

綺麗に見える鑑賞スポットや、穴場スポットをチェックして、当日は綺麗な花火を鑑賞しましょ。

 

スポンサードリンク

熱田祭り花火の打ち上げ場所はどこ?

熱田祭りの花火が打ち上げられるのは、

熱田球場がある、「熱田神宮公園」です。

なお、花火が打ち上げられる時間帯は、公園内への立ち入りが禁止されるため、ご注意を!

 

【基本情報】

打ち上げ数:1,000発

時間:19:40~20:30頃

雨の時花火はどうなるの?

熱田祭りは、例年、6月5日固定のお祭りです。

6月5日というと、例年梅雨入りの時期と重なるくらいの日にちなので、心配なのが

 

雨が降った時は、翌日に延期となります。

実際、2014年も、2015年も6月6日に延期となっています。

2016年は、6月5日がちょうど日曜日なので、ぜひとも晴れてほしいですね!

 

熱田祭りの花火を見るおすすめスポットは?

では、花火を観るのにおすすめのスポットをご紹介していきますね^^

先に書きましたが、打ち上げ場所である、熱田神宮公園内は立ち入り禁止となるため、

その周辺での観覧になります。

 

その周辺と言えば、

熱田神宮公園のすぐ側(西側)を流れる堀川沿いの遊歩道

公園のすぐ近くということで、花火を間近で観覧できるベストスポットです。

 

それからその遊歩道沿いにある

白鳥庭園

こちらも、花火を近くで綺麗に観覧できる場所で、定番のスポット。

 

が、上記二つのスポットは、既に周知の人気の場所

ということで、かなりの人が集中します。

2時間くらい前に場所取りしている方もおられるほどなので、

ゆっくりと観覧したいという場合は、少し離れる所もありますが、次に紹介する場所の方が良いかもしれません。

 

名古屋国際会議場南側の芝生広場

名古屋国際会議場の南側に広がる芝生の広場です。

厳密に言えば、白鳥公園の一部で、上記の二つとあまり場所は変わらないのですが、

遊歩道と白鳥庭園に人が集中するため、比較的混雑を避けられる鑑賞スポットです。

 

なお、場所によっては木が邪魔で花火が見えづらいところもありますので、

移動しながらベストスポットを探してみてくださいね^^

 

イオンモール熱田の屋上駐車場

もう一つの観賞スポットは、イオンモール熱田の屋上駐車場です。

花火を鑑賞するために、開放してくれているんですね~。

 

会場からは、1kmほど離れた地点になりますが、屋上からですと視界を遮る建物もなく、

綺麗に鑑賞することができます。

 

なお、当日は深夜の1時頃まで開けておいてくれるという太っ腹具合 ォオ~!!(゚Д゚ノ)ノ

 


スポンサードリンク

熱田祭りは屋台も楽しもう♪

お祭りと言えば、花火大会・・の他に「屋台」を楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか

熱田祭りでも、もちろん屋台が登場。

 

例年250店舗程が、熱田神宮の参道や周辺に、所狭しと並んでいます。

6月5日は、23時頃まで屋台が出ているので、花火を鑑賞した後もしばらく楽しめますね!!

 

熱田祭りの屋台は雨が降ったらどうなる?

雨が降って、花火大会が延期になったらその日は屋台はでないのか?

と心配されているあなた。

大丈夫です。

 

花火が6日に延期となった場合でも、ちゃんと6日も屋台は出ています。

安心してお出かけくださいね(人´∀`)

 

まとめ

一足先に、夏を感じられるお祭り「熱田祭り」

浴衣を着ていく予定!という方も多いお祭りですし、

今年は晴れるようにお祈りしておきましょうヽ(*´∇`)ノ

 

では、熱田祭りを楽しんできて下さいね☆

スポンサードリンク

 - 花火大会