主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

大学生の住民票は移す?移さない?成人式や保険証はどうなる?

      2016/02/20

sakura2
大学に進学することになり、親元を離れて一人暮らしをすることになったあなた。

そこで気になるのが住民票です。

 

通常、住所が変わったら住民票を移すのが決まりですが、学生の場合も必要なのでしょうか?

今回は、

・大学生の住民票は移す?移さない?

・大学生の住民票を移したら成人式はどうなる?

・大学生の住民票を移したら保険証はどうなる?

という3点について、

それぞれのメリットデメリットも含めてまとめました。

住民票を移すかどうか迷っているあなたの参考になれば幸いです(◍•ᴗ•◍)

スポンサードリンク

大学生の住民票は移す?移さない?

基本的には、住所が変わった場合、14日以内に住民票の移動を行わないといけないという決まり事があります。

しかし、学生の場合は、2つの条件に当てはまれば、必須ではありません。

 

・学生(実家を離れている)の期間が1年以下の場合で、今後実家に戻る予定がない場合

・学生の期間が1年以上であっても、週末や季節ごとに実家に帰っているなど、「生活の本拠(拠点)」が実家にある場合

日本住民票振興会より

大学生の時って、夏休みとか冬休みとか結構長いので実家に帰る方も多いですよね。

なので、そういう場合は移さなくてもいいよ~ってことなんですね。

私も移していませんでしたし、周りも移していなかった人が多かったですしね。

 

ですが、住民票はそこに住んでいますよっていう大事な証明にもなるので、移していなかったらそれなりに不便なこともあります。

住民票を移さないと不便なことって何?

住民票を移さないデメリットはこちら↓↓↓↓↓

選挙の案内が住民票の住所に届く

運転免許証の取得や更新が住民票がある場所でしかできない

・図書館や市区町村の公共施設が利用できない場合がある

パスポートの申請が少し面倒

 

選挙の案内が住民票の住所に届く

選挙案内のハガキは、住民票の住所に届きます。

選挙の度に実家に帰るというのは、なかなか難しいですので参加できないことが多くなります。

 

運転免許の取得や更新が住民票のある場所でしかできない

大学生にとって一番問題なのがコレかなと思います。

自動車学校はどこの都道府県でも問題ないですが、最終試験(学科試験)は住民票がある運転免許試験場でしか受験できません。

自動車学校を卒業してから1年以内に、本免学科試験を受ければいいので期間は十分あります。

 

が、実家に帰省してとらないといけないので、少し面倒です。

 

それから免許の更新も同じく住民票のある場所でしかできません。

優良運転者の場合は、全国どこでも更新手続きが可能なのですが、大学生が受けるであろう最初の講習は住民票がある場所でしかできません。

 

初回講習は、3回目の誕生日なので、早い人では2年くらいで更新手続きが必要になります。

厄介なのは、更新期間が、3回目の誕生日の前後1ヶ月ということ。

 

本免学科試験のように期間が長くないので、夏休みに帰ったときに~とか、お盆に帰った時に~という事ができません。

人によっては、時間を作って帰省する必要がありそうですね(๑•﹏•)

スポンサードリンク

 

図書館や市区町村の公共施設が利用できない場合がある

その場所のルールによっては、本の貸し出しなどができない場合もあります。

ただし、あなた宛ての郵便物等で証明できることが多いのでそこまで気にしなくても良いかもしれません。

 

パスポートの申請が少し面倒

大学生になったら、海外旅行に行く方も多いと思います。

その時に必要なのがパスポートですが、申請自体は、住民票がない現住所でもできます。

 

が、申請に必要な書類(住民票や戸籍謄本)を郵送してもらったり(親に頼んだり)、

受領に必要なハガキが住民票の住所に届いて、それをまた郵送してもらったり

と、若干手間がかかります。

 

一方、住民票を移すことでのデメリットは、

 

・住民票を移す手続きが面倒

・地元の成人式の案内がこない

住民票を移す手続き自体はそう面倒ではありませんが、市役所に行く事自体が面倒だという方も多いです。

 

それから、住民票を移すことで最も気になることの一つに、成人式はどうなるのかということがあると思います。

住民票を移したことで、地元の成人式に出席できないなんてことになったら困りますよね(´A`。)

大学生の住民票を移したら成人式はどうなる?

成人式の案内は、住民票がある自治体から届きます。

なので、住民票を移した場合は、その移した先の自治体から招待状が届くわけです。

 

ですが、その招待状がないと地元の成人式に参加できないのかというとそうではありませんので安心して下さいね(*´∀`*)

当日、あきらかに成人式に出席するであろう晴れ着を着たあなたを、招待状がないから入れません。なんて事は言わないでしょうし。

 

ただし対応は自治体によって全く異なります。

なので確実なのは、自治体に確認することです。

住民票がない場合は、事前に参加受付を行う自治体もありますよ!

 

参加人数が多い所では、地区ごとに会場や、時間が異なる場合もあります。

ですので、招待状がないと細かい内容がわからなくて困ることも。

そういった意味でも、事前に問い合わせておくと安心ですね。

 

それから、招待状が記念品との引換券になっていることあるので、記念の品はもらえない場合があります。

 

いずれにしても、住民票を移したからと言って地元の成人式に参加できないということはありませんので、心配する必要はありません。

 

では最後に、住民票を移した場合、健康保険証はどうなるのか?

ということについてまとめました。

大学生で住民票を移したら保険証はどうなる?

健康保険は大きく、国民健康保険社会保険に分けられますが、

どちらも、遠隔地被保険者証の手続きをすればそのまま使うことができます。

在学証明書が必要ですので、学生課でもらって手続きをしてくださいね!

 

まとめ

大学生のときは、なんとなく手続きが面倒なので住民票は移さないっていう人が多いようです。

私は、同じ県内でしたので、免許も全く影響ありませんでしたがw

地元が県外の友人は、夏休みとか冬休みに帰った時に免許をとっていましたよ(*´・∀・)

 

社会人になったら、もちろん住民票はきちんとしなければいけませんが、学生のうちはそのままでもいいのかな・・と個人的には思います。

メリット、デメリットそれぞれありますので、あなたに合わせて決めて下さいね☆

【大学生にお役立ちの関連記事】

大学生のアルバイトでおすすめはコレ!探し方や選び方

一人暮らしの大学生 食費は平均いくら?節約術や自炊のポイント

一人暮らしの寒さ対策!窓や玄関がポイント?

スポンサードリンク

 - 生活の知恵