主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

ゴールドの18k 24kって何?その違いは?18kのアクセサリーが人気?

   

よくゴールドの表記で、24kとか18kって見かけますよね。

でもこの24k 18kってどんな意味か知っていますか?

普段、アクセサリーにあまり興味がない という方はご存知ないかもしれませんね。

ですが、この表記、アクセサリーを選ぶときにはぜひ知っておいてほしい表記です。

彼女にプレゼントをあげる時にも、ぜひ参考にしていただきたい表記ですので、ここでしっかり勉強しておきましょう。

ゴールドの18k 24kって何?

ゴールドには、18kや24kのような表記がありますが、これって何を意味しているのでしょうか?

実はこれ、金の純度を表しているんです。

18金や24金 のような呼ばれ方もしますね。

一言で”ゴールド” と、言っても、全てが100%の金であるわけではないのです。

 

“純金”という言葉をよく耳にすると思いますが、これは24kの事を指します。

全体の、99.99%が混合物の入っていない、純粋な金です。

では、18kとは、どういったゴールドの事を指すのでしょうか?

18kとは、24kを基準として、金の含有量が 18/24 つまり、75%金が含まれているもの。

残り25%は、銀や銅を混ぜてあります。

~豆知識~
ちなみに、18k 24kという表記の k は、金の頭文字の事ではなく、金の純度を示す単位、カラット(karat)です。
ダイヤモンドなどの、宝石の質量を表す単位である、カラット(carat)とは異なります。

それから、k18と、kが前につく場合と、あとにつく場合とがあり、この違いは、日本製か海外製かの違いです。
k18と、前につく場合は、主に日本国内で生産された物が多く、18kと後につく場合は、海外製品につく場合が多いです。

海外製品の場合、表記は18kとなっていても、実際には9k程の金の含有量しかなかった!という事もあるようですので、
こちらの表記のものを買う場合は、注意が必要です。

18kと24kの違いとは?

18kと24kの違いは、金の純度の違いだと言う事はわかりましたね^^

それでは、純度の違いによって何がどう違ってくるのか、もう少し詳しくみてみましょう。

ゴールドの純度による違い比較
kinzokuhikaku

スポンサードリンク

24kと18kの他に、最近人気がある14k、10k も比較しています。

上の図のように、純度が高い程、柔らかく、純度の低い合金の方が硬くなります。

そのため、硬い合金の方が、変形しにくくなります。

その反面、合金の割合が増える程、金としての輝きは弱くなり、アレルギーも出やすくなってしまいます。

 

しかし、色というのは好みの問題なので、一概に金の色の方がいいとは言えません。

10kは、淡い黄色のような色で、スッキリとした印象。こちらの方が好きと思われる方もいらっしゃるでしょう。

それぞれの価格は、金の含有量に比例します。

24k>18k>14k>10k (24kが最も高いです)

18kのアクセサリーが人気の理由とは?

純金である24kは、アクセサリーを作るには柔らかすぎて不向きのため、

日本では昔からアクセサリーには18kが最も多く使われてきました。

18kは、日本人の肌色にちょうど良く合う色味なんですね。

 

また、日本人の好むファッションにも合いやすい色合いだという点も、18kが日本で好まれる理由でしょう。

(確かに、24kのキラッキラの金色だと、合わせにくいかも・・・(^_^.))

 

しかし、最近では、金の高騰により 今まで日本ではあまり見かけなかった、10kや14kを見かけるようになりました。

18kに比べると、リーズナブルですので、

「色んなアクセサリーを楽しみたい♪」という方や、

「素材はそんなに気にしない」という方にはこちらもオススメです^^

~豆知識~
ちなみに海外ではどうでしょう?

中国圏では、24kにしか価値を見出さないようです。18kは、価値がない とみなされるのだとか。

逆に、アメリカやハワイでは、14kが主流なのだそう。

合理的なアメリカ人は、傷がつきやすい18kよりも、付きにくい14kを好むのだそうです。

その土地土地で価値が変わるなんて、面白いですね~。

まとめ

近年、金の高騰により、14kや10kも増えてきて、デイリー使いにするなら良いよ~と、説明しましたが、

プレゼント と、なると話は別です。

やはり、プレゼントの王道は18k

もしもあなたが、プレゼントとしてお探しなら、少し背伸びして18kを選んでほしいのです。

彼女はきっと、喜んでくれますよ♪

スポンサードリンク

 - クリスマス, 生活の知恵 ,