主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

早寝早起きの効果とは?コツってあるの?

   

早寝早起きが体に良いだろうな・・と思っても、なかなか実践できない人、多いのではないでしょうか?

実際、私もそうでしたので・・^^;

でも、「早起きは三文の得」とか、「早寝早起き病知らず」など、早寝早起きっていい事しか聞きませんよね!

そこで今回は、改めて、早寝早起きをするとどんな効果があるのか、また、早寝早起きするためのコツについてまとめました。

これを読んで、早寝早起きをするきっかけになれば幸いです♪

スポンサードリンク

早寝早起きの効果とは?

早寝早起き、実際、どのような効果があるのでしょうか?

ダイエット効果

早寝早起きをすると、「痩せ体質」に変わると言われています。

ダイエットに関係するホルモンとは、「成長ホルモン」「グレリン」

 

脂肪燃焼効果がある「成長ホルモン」は、ゴールデンタイムと呼ばれる夜22時~2時の間に最も多く分泌されます。

最近の研究では、ゴールデンタイムは関係なく、寝始めの3時間にどれだけ「質の良い睡眠を取れるか」による。

という事がわかってきていますが、

この質の良い睡眠を取るためには、早寝早起きの生活をする事が大事ですので、結局成長ホルモンを分泌するためには、早寝早起きが良い。

という事になります。

また、逆に睡眠不足になると、「グレリン」という、食欲をつかさどるホルモンの分泌が増加し、食用を抑えられなくなってしまいます。

 

自律神経のバランスが整う

私達の体は、24時間サイクルの体内時計を持っていて、太陽の出る昼間に活動し、夜は休むようにできています。

このサイクルが崩れてしまうと、「自律神経の乱れ」を引き起こし、

動悸やめまい、頭痛など、さまざまな身体の不調を引き起こす原因となります。

早寝早起きには、この自律神経のバランスを整えるという重要な役割があります。

 

便秘の解消
実は、便は夜、寝ている状態の時に作られているってご存知でしたか?

ですので、十分な睡眠を取れないと、便秘につながります。

十分な睡眠を取った後、朝コップ1杯の水を飲む事と、しっかり朝食を食べる事で、腸を刺激し、便を出しやすくします。

寝る時間も十分にとれない、朝も寝坊して朝ごはんを食べる時間がない、こんな生活をしていると、便秘になりやすくなるかも?

 

心が安定する

“朝型の方が、長期の目標を見つける努力をし、何かを成功させるために頑張れる傾向が強く、先見性が高くなる”

という研究結果があるそうです。

規則正しい生活をすると、自律神経が整い、「心が安定する」効果があります。

この結果、イライラやストレスに強くなり、物事を楽観的に考える事ができるようです。

 

朝活ができる

朝、早起きすると、仕事に行くまでの時間に余裕ができますよね。

そうすると、その時間をジョギングやヨガなど、自分の趣味の時間にあてる事ができます。

スポンサードリンク

流行の“朝活”ですね!

朝活で、体をしっかり起こした状態にすると、仕事も開始時から、効率よく始める事ができますよ^^

 

早寝早起きは、いい事づくしですね。

できるなら、ぜひ実践したいものです。

と、言ってもなかなかすぐに実践できるものでもないですよね^^;

そこで、早寝早起きするためのコツをご紹介します。

早寝早起きのコツ

無理してでも早起きする

「 早く起きる 」 ことよりも、「 早く寝る 」 ことの方が難しいとされています。

確かに、無理に寝ようとしても、なかなか寝れるものでもないですよね。

いつもより早く寝るのは、1時間ぐらい早く寝るのが限度である。と言われています。

そこで、強制的に早起きするのです。

早起きして、体内時計をリセットすると、夜も眠りやすくなります。

 

朝ごはんをしっかり食べ、お昼に軽く、運動をする
人間の体温は、早朝4時前後に最低となり、活動する日中から夕方頃が最も高く、

夜になってまた下がるというサイクルを繰り返しています。

夜、体温が下がった時に、「眠く」なるのですが、体温の低下が大きい程、入眠しやすく、睡眠の質も上がると言われています。

体温低下の落差を大きくするためには、日中の体温のピークを高くする事がポイントです。

日中、運動すると、体温のピークがより高くなります!

また、朝ご飯も、午前中の体温上昇がスムーズになるので、しっかり食べましょう。

 

寝る1時間くらい前にお風呂に入る

良い睡眠を得るためには、体温の低下が重要なのですが、眠る前に、一時的に体温を上げると、脳が体を冷やそうとして、スムーズに体温を下げる事ができます。

そのため、だいたい眠る1時間前くらい前に体温を上げると効果的。

ちょうど眠る事には体温が下がり始めます。

オススメなのは、お風呂に入る事

湯船につかって、ゆっくり、リラックスしましょう。

熱すぎるお湯につかると、興奮してしまい、逆効果になりますので、くれぐれも熱すぎない温度で入浴してくださいね!

38~40℃が理想的です。

 

寝る前にテレビやパソコン、スマホを見ない

テレビやパソコン、スマホから発せられる光によって、脳が刺激され、興奮してしまいます。

こうなると、なかなか寝付けなくなりますから、できるだけ控えましょう。

まとめ

自分の生活サイクルをいきなり変えるのは、なかなか難しですよね。

始めは難しいかもしれませんが、朝頑張って起きる事を続けていくと、だんだん身体がそのリズムに慣れていきます。

実際私も、夜は2時3時、朝もだらだらしていた時は、日中も眠いことが多く、夜も全く眠くないという生活でしたが、

朝、強制的に起きるようにすると、夜も眠くなり、寝付きもよくなりました(*´∀`*)

間違いなく今の生活の方が身体の調子も良いと感じております。

「早起きは三文の徳」ぜひ早寝早起きの生活を^^

スポンサードリンク

 - 生活の知恵