主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

ハイボールのアルコール度数は?ビールやサワーとの比較

   

208fef3bf85da0a8e3f013df890014c1_s

ウィスキーを炭酸水で割って作る”ハイボール

ここ数年、CMでも小雪さんや井川遥さんなど女性を起用することで、

女性層にも人気となり、爆発的ヒットと言われてます。

 

CM効果ってすごいですね~。

でも、酔いやすいから、やっぱりちょっと苦手

という女性も少なからずいるはずです。

 

そんなハイボールですが、実際のところ度数はどのくらいなんでしょうか。

ビールや酎ハイ、サワーと比べるとどんなもの?

今回は、気になるハイボールの度数について調べてみましたよ。

スポンサードリンク

ハイボールのアルコール度数ってどのくらい?

“ハイボール”ってなんだか響きがオシャレですが、

要は”ウィスキーのソーダ割り”ってやつですよね。

 

なので度数は使うウィスキーの種類によって若干違ってきます。

(ウィスキーの度数がそれぞれ違うので)

 

でも国内メーカーのウィスキー

・サントリー
・キリン
・ニッカ

などから発売されているものはだいたい40度のウィスキーが多いです。

サントリーのウィスキー角瓶は40度。

ちなみにトリスは37度でちょっと薄め。

逆に山崎は43度でちょっと濃いめ。

 

多少誤差はありますが、ここでは40度として考えますよ。

 

ハイボールはこれをソーダ(炭酸水)で割ります。

ここからは単純計算で

同量のソーダで割れば、20度になります。

2倍のソーダで割ると、13.3度

3倍のソーダだと10度

 

人気の角ハイボールのレシピは、1:4

つまり、4倍のソーダで割るので、8度

【計算式】

アルコール度数=ウィスキーの量×40度(%)/ウィスキーの量+ソーダの量

 

入れるウィスキを30ml、ソーダを120ml、1:4の割合で作ると考えると、

30ml×40度 / 30+120 = 8度(%)

でも実際にはこれに氷を入れるので、その分薄まって、アルコール度数も下がります。

ハイボールを作る時は、コップ一杯に氷を入れて作ることが多いので

1:4だと7.5%くらいに、1:3だと9%くらいになる計算です。

氷が溶けるともっと徐々に薄まっていきますね。

 

ちなみに、市販してある缶のハイボールだと、7%くらい。

角ハイボール濃いめだと9%です。

スポンサードリンク

ビールやサワーとハイボールの度数を比較!

744b1f8994d9d5a980c54200a5bacedb_s

ハイボールはウィスキーだから度数が高い!

って思われがちですが、実際のところどうなんでしょうか。

ビールサワーなど他のアルコールとも比較してみたいと思います。

 

まず、ビールの度数はだいたい5度

酎ハイやサワーだと、3~5度くらい

となります。

・缶ハイボール:7度

・ビール:5度

・酎ハイ、サワー:3~5度

 

作り方によって多少の差はあれど、

こうしてみると、やはりハイボールが一番高いですね。

居酒屋だと、8~9度はありますし。

 

でもハイボールが一概に酔いやすいとは言えないんです。

それは、量に違いがあるから。

 

前にも書きましたが、ハイボールを作る時はを大量に使います。

ので実際に居酒屋さんで注文する時に入っているウィスキーの量はせいぜい1杯30mlくらい。

一方、ビールは生中で500ml。

 

アルコール量で比較すると、

ハイボール・・・120×8度=9.6ml(氷別)

ビール・・・500×5度=25ml

 

と、こんな感じで1杯で摂取するアルコール量は結構違ってきます。

 

ビールは泡の分もあるし、ハイボールもこの限りではないので、

だいたいの数値にはなりますが、

いずれにせよ、ハイボールの方が、アルコール摂取量は少なくなりそうです。

 

まとめ

ハイボールは、確かに度数は高いけど、

1杯の量は少ないし、氷も多いので酔いやすい飲み物というわけではないようです。

 

カロリーも、ビールに比べて半分程度しかありませんよ。

そろそろ体型が気になる・・って男性の方や

ダイエット中の女性の方

この機会にハイボールに切り替えてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 生活の知恵