主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

ひな祭りのケーキ飾りを手作りしよう!いちご雛人形の作り方

   

ひな祭りにケーキを作ろうと考えている方も多いですよね(´▽`)

そんな中、ケーキの飾りをどうしようかな?

何か可愛い飾りはないかな?

 

と、お悩みの方のために、今回は、いちごバナナを使ってできる

超簡単 いちご雛人形

をご紹介します。

 

時間もかからずに、簡単にできますので、お子さんと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか♪

スポンサードリンク

ひな祭りのケーキ飾りを手作りしよう!いちご雛人形の作り方

ではさっそく作り方をみていきましょう。

image

用意するもの
・いちご
・バナナ
・チョコペン
・のり

・はさみ
・マグカップ

【作り方】

①のりを、はさみで切ってお内裏様の帽子笏(しゃく)を作ります。
image

 

②バナナを1cm幅くらいに切る。(2つ分)

※これが顔の部分になるので、いちごに乗せやすいように、水平に切ります。(端の部分は切り落として下さい)

③お雛様の飾りになるバナナも、うすーく2つ切っておきます。
image

 

④③のバナナを扇形に切ります。
image

 

⑤③のバナナを四角に切ったあとに、image

 

⑥三角を二つ切り取ります。冠(かんむり)の完成。
image

※⑤の時、真ん中の部分は崩れやすいので、上下どちらかに偏って切った方が、⑥の時に三角に切り取りやすいです。

 

⑦イチゴのヘタを切り落とし、2つに切ります。
頭の方を小さくする方が見た目よく仕上がります。

image

image

 

⑧マグカップに40℃~50℃のお湯を用意し、チョコペンを溶かします。
image

40℃~50℃のお湯は、沸騰したお湯をマグカップに半量注ぎ、それと同量の水を入れるとだいたいそのくらいの温度になります。

スポンサードリンク

目安は、触るとちょっと熱いかな~くらい。

みなさんお風呂は何℃のお湯に浸かっていますか?
それを参考にするとわかりやすいと思います^^

 

それから、チョコペンは下だけ溶かしてもでてきませんので、全体をきちんとつけるようにした方が良いです。

だいたい1分くらいすると、溶けます。触ると明らかにふにふにしてるので、そうなったらOKです☆

 

⑨②で用意しておいたバナナに顔を書いていきます。
image

チョコペンは、速乾性があるだけあって、本当にすぐ固まります。

ですので、先ほどのマグカップのお湯は捨てずに、固まったら溶かしながらやりましょう。

 

特に、先端部分はチョコが固まって入口を塞いでしまうので、私は爪楊枝でつつきながら使いました。

 

⑩顔を書いたバナナを、いちごの間に挟んで、
image

 

⑪用意しておいた、飾りをつければ完成です。
image

飾りがうまくつかない場合は、チョコペンを糊代わりに使うとうまくくっついてくれますよ(・∪・)

バナナの飾りはうすーーくする事がポイントで、分厚くしてしまうとくっつきません。

 

厚いな・・・と思ったら薄く切って下さいね♪

 

image

 

ちなみに、顔の部分になるバナナの大きさはお好みです。

小さくすると、可愛らしい感じになります。
image

 

余ったチョコペンはどうする?

チョコペンが余った場合は、爪楊枝をさしてフタをし、冷蔵庫で保管しておけばまた使えます。
image

チョコペンと言ってもチョコレートですので、要は普通のチョコレートと同じように考えていただければよいです。

使う時は、同じように湯せんして、フタが空いている状態ですので、お湯が中に入らないように注意して溶かします。

 

 

まとめ

今回は、いちごとバナナで作りましたが、バナナの部分は、マシュマロでも、生クリームでも何でもできます。

ひな祭りケーキの飾り付けにはもちろん、

その他ひな祭りの料理の飾り付けにも、ちょっとしたアクセントになりますね(ㆁᴗㆁ✿)

切って乗せるだけの簡単レシピですが、とっても可愛いので、ぜひ作ってみて下さいね☆

スポンサードリンク

 - 春のイベント, 生活の知恵