主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

インフルエンザの予防接種は妊婦でも必要?時期は?妊婦用って?

   

ninpu_wakutinn
冬になると毎年流行するインフルエンザ。

毎年予防接種受けてますか?

妊婦さんの場合は、

副作用はないのか?
胎児への影響はないのか?

など、色々と不安になって、受けようかどうか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、妊婦さんでもインフルエンザの予防接種は受けるべきなのかという点についてまとめました。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は妊婦でも必要?

結論から言いますと、「受けた方がよい」とする見解が多いです。

むしろ、日本では、妊婦は優先接種の対象とされているくらいです。

 

「なんだ、じゃぁ心配する必要はないんだね(´д`)」

と、言われると、そうではありません。

 

調査数も少ないですし、安全と言い切れるわけではないんですね。

ですので、”見解が多い”という曖昧な表現になってしまうのですが、ただ、受けた方がよいとする見解にもちゃんと理由があります。

 

まず、インフルエンザワクチンとは、「不活性化ワクチン」であるというのが理由の一つです。

不活性化ワクチンである

不活性化ワクチンとは、インフルエンザウィルスの毒性を死滅させて、予防に必要な成分だけを使って作られているんですね。

なので、活動中のインフルエンザウィルスが体内に入るという事はなく、体内でインフルエンザウィルスが増殖することはありません。

従って、お腹の赤ちゃんにワクチンが悪影響を及ぼす可能性はとても低く、母体への副作用も少ないとされています。

と言っても、母体に抗体はきちんとできますし、効果は期待できます。

 

妊婦がインフルエンザワクチンを接種する際には、接種による胎児への影響のことばかりを心配しがちですが、実は、その影響よりも、

妊婦がインフルエンザにかかってしまう事の方が心配すべき事なんです。

これが二つ目の理由ですね。

妊婦のインフルエンザによる重篤化を防ぐため

妊婦は、ハイリスク群と言って、インフルエンザになると重篤化しやすいのです。

そうなってしまうと、流産早産の危険がでてきますし、高熱が続くとごくまれに胎児に神経学的後遺症が残ることも。

スポンサードリンク

とにかく、インフルエンザにかかった時は、重篤化しない事が大事。

インフルエンザの予防接種は、かかったとしても、”症状を軽く抑えるための効果“がありますので、そういった意味でも接種が推奨されています。

 

それから、母親が予防接種を打つと、赤ちゃんへも抗体をあげる事ができるんです。

母親の中の抗体が、胎盤を通して赤ちゃんへ届くのですが、この抗体が、生まれたばかりの赤ちゃんを守ってくれます。

生まれながらにして、すでに免疫を持っているんですね。

新生児は、6ヶ月になるまでは予防接種を受ける事ができませんから、これはとても効果的です。

インフルエンザの予防接種 妊婦が受ける時期は関係ある?

一般的に、インフルエンザワクチンの接種は妊娠週数に関係がないとされています。

ですので、どの週数であっても受ける事ができます。

ただし、妊娠初期は少し注意が必要。

胎児が不安定な場合は、16週頃までは避ける傾向にあるようですので、その場合は、医師に一度相談してみましょう。

母体が安定する中期になってからの接種の方がより安心という事ですね。

インフルエンザの予防接種に妊婦用ってあるの?

インフルエンザの予防接種には、妊婦用と言われる、保存剤(防腐剤)が入っていないものがあります。

通常、インフルエンザワクチンは、1つの小瓶に複数回分のワクチンが入っており、1回毎に注射器で吸って接種しています。

このタイプには、過去に海外で発達障害との関係性が指摘されたものや、妊婦への使用実績がない保存剤(防腐剤)が使われている事から、

妊婦用に、保存剤(防腐剤)が入っていないタイプのワクチンが発売されています。

※最近の研究では、保存剤と発達障害に、関連はないとされています。

 

妊婦用のワクチンは、あらかじめ注射器に1人分のワクチンが充填されているため、保存剤(防腐剤)が入っていませんが、

通常タイプに比べると、若干価格が高くなります。

妊婦用のワクチンは、原則として、産科・婦人科に配分されていますので、内科・小児科では受ける事ができません。

まとめ

妊婦さんでも、予防接種による胎児への影響は少ないという事から、最近では接種する方が多い傾向があります。

ですが、100%安全だとも言い切れないのが現実。

最終的には自己判断という事になりますが、

予防接種を受けるリスク、受けないで、重篤化してしまった時のリスクをどちらも十分に考え、

先生とも相談し、受けるか受けないか決めて下さいね(*`・ω・)ゞ

スポンサードリンク

 - 生活の知恵, 美容、健康