気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信中♪

主婦の気になるアレコレ

夏のイベント

読書感想文の書き方のコツ!スラスラ書ける3つのポイントとは

投稿日:

4a092b9f20fe6a2f6f322a847a51baa4_s

読書感想文の書き方には、「コツ」があります。

今回は、読書感想文を書くための3つのコツをご紹介しますので、ぜひ書く時の参考にしてみてください。

スポンサードリンク

読書感想文の書き方のコツ!スラスラ書ける3つのポイントとは

読書感想文を書くときの、3つのポイントは

①はじめ、なか、おわりの3つの構成で書くこと

②読む時に付箋をつけながら読むこと

③書き始める前に、全体の流れを確かめておくこと

です。

それでは一つ一つ詳しく見ていきましょう。

 

はじめ、なか、おわりの3つの構成で書くこと

読書感想文を書くときは、ダラダラと文章を書くのではなく、きちんと構成を考えて書きます。

こちらの記事でも説明していますが、読書感想文を書くときの構成は、「はじめ」「なか」「おわり」の3つです。

 

【参考記事】読書感想文の書き方 小学生低学年向け!例とともに解説

 

「はじめ」には、その本を選んだ理由や、その本の大まかな説明。

「なか」には、その本を読んで自分が感じたことや思ったことを書きます。その部分の流れ(あらすじ)を簡単に書き、その点について自分がどう思ったのかを書く流れです。

「おわり」は、最後のまとめの部分ですので、その本を読んであなたが一番強く感じたことを書きます。

それぞれの詳しい書き方は上の参考記事に詳しく書いていますので、ご覧になってみてください。

 

これらの構成の中で、最も中心になるのは「なか」の部分です。

この「なか」の部分には、その本を読んでいて自分が気になった場面とその感想を書くと書きましたが、

それをまとめる時にとても役立つ方法があります。

それが、二番目の「付箋」を使う方法です。

 

読む時に付箋をつけながら書くこと

読書感想文の本を、ただぼーっと読んでいるだけでは、感想文は書けません。

その本を読んでの、「感想」を文章にしなければいけませんので、どんなことを書こうか、気になるところはないか、

と、考えながら読まなければいけません。

その、考えながら読んで「気になったところ」に付箋を使って印をつけていくのです。

 

例えば、

・この本の重要な部分(ポイント)だと思うところ
・本の作者が伝えたかったであろうところ
・好きだと思った言葉や場面
・勉強になったところ
・自分の気持ちが動かされたところ

など、重要だな!感想文に書けそうだな!と思うところに付箋を貼り付けていきます。

その際、自分の気持ちもメモしておくと後でとても役に立ちます。

また、付箋を貼っておくことで、後でページを探す時にも大変便利です。

 

もしも付箋がなければ、代わりに小さく切った紙を、しおりのようにページに挟んでつかっても構いませんが、

本を開いた時に落ちやすいので、できれば張り付く付箋の方がおすすめです。

このようにして、付箋でチェックを入れながら、「感想文を書くんだ」という気持ちで本を読んでみてください。

 

書き始める前に、全体の流れを確かめておくこと

付箋を貼り付けて、重要な部分や書きたい部分をいくつか抜きだしたら、それを使って組み立てをしていきます。

「おわり」に書く一番重要な、自分が一番伝えたい部分はどれか

「なか」に書くのはどの部分にするのか。

 

ページ数が多いと、付箋を貼っている量も多くなっていると思います。

その場合は、どちらの方が強く心に残っているかを基準として、いくつかに絞ってみてください。

あれもこれも書いてしまうと、作文自体は長くなりますが、言いたいことが伝わらない、ただ長いだけの文書になりかねません。

 

そのようにして、書くことをピックアップしたら、組み立てを一度簡単なメモにしてみましょう。

書き始める前に、作文全体の流れを一度チェックしておくのです。

メモは簡単でかまいません。

はじめ、なか、おわりの順に、書くことを簡単に並べて書いておくだけです。

512

これをしておくことで、途中で話が脱線してしまうことを防げますし、まとまった感想文を書くことができます。

書くことが決まっているので、あとはこれに基づいて、中身を膨らませていくだけです。

スポンサードリンク

読書感想文の書き方のコツ!スラスラ書ける3つのポイントまとめ

いかがでしたか?

読書感想文を書くときは、ただ本を読むのではなく、読む時に付箋を使ってチェックしながら読んでいくこと。

そしてそれに基づいて、はじめ、なか、おわりの3つの構成で書くこと。

文章の作成前に、書く内容をおおまかにメモしておくこと。

 

本を読んでいて、一つも気になるところがなかった、ということはないと思いますので、付箋を使えば、書くことがない・・なんてことにはならないと思いますよ^^
ぜひ、コツを使って読書感想文にチャレンジしてみてください!

 

【読書感想文の関連記事】

読書感想文の書き方 小学生低学年向け!例とともに解説

読書感想文の本のおすすめ低学年向け!1年2年生が書きやすいもの

スポンサードリンク

-夏のイベント

PICK UP記事

Copyright© 主婦の気になるアレコレ , 2017 All Rights Reserved.