主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

風邪の予防には加湿器を!寝室での置き場所とオススメを紹介

   

110822
冬場は、乾燥するので、加湿器を使うという方も多いですよね。

そんな加湿器は、風邪予防にも役立つ優れものなんです。

 

今回は、風邪予防に加湿器が効果的な理由や、寝室での置き場所オススメの加湿器をご紹介していきます。

正しい使い方をすると、ぐっと風邪を引く確率を下げる事ができますよ!

加湿器を効果的に使って、風邪を予防しましょう(*´ω`*)

スポンサードリンク

風邪の予防には加湿器を!

みなさん、風邪対策をしているつもりでも、朝起きたときに、

「喉が痛い・・」

こんな経験をお持ちではないですか?

 

睡眠中に風邪を引く一番の原因は、唾液の分泌が減る事なんです。

唾液の分泌が減ると、喉が乾燥し、炎症を起こしやすい状態に。

そうすると、ウィルスがどんどん増殖して、風邪を引いてしまうんですね。

 

寝ている時の唾液の分泌は自分ではコントロールできませんから、外から補ってあげるしかありません。

ここで一番に思いつくのが、マスク

濡れたマスクをつけて寝ると、より効果的です。

 

 

ですが、ちょっと息苦しいですね( ᵌ ㅊ ᵌ )

 

そこで、登場するのが、加湿器です。

ウィルスは、温度が15~18℃、湿度が40%以下の時、繁殖しやすいと言われています。

加湿器を使うと、自動的に湿度を保ってくれますから、風邪対策には非常に効果的なんですね。

 

ですが、置き場所を間違うと、せっかくの加湿器も効果が薄れてしまいます。

そうならないためにも、寝室の効果的な加湿器の設置場所を知っておきましょう(*’∀’人)

寝室での加湿器の置き場所は?

寝室での、効果的な加湿器の置き場所は、枕元です。

 

窓際に置くと、温度が低いので、加湿されにくくなってしまうという欠点があります。

ですから、枕元など、顔に近い場所に加湿器を置く方がより効果的です。

スポンサードリンク

この時、湿度は、50%以上になるように設定しましょう^^

 

先にも書きましたが、寝ている間に風邪を引く原因は、「唾液の分泌が減って、喉が乾燥すること」でしたね。

 

そのため、喉の乾燥を防ぐには、特に口の周りを加湿する事が大事になってきます。

という事は、マスクのように、口の周りを直接保湿する事ができれば、より効果的ですよね。

 

それを、実現したのが、次にご紹介する加湿器。

加湿器を置いてるけど、朝起きたら乾燥している、という方も参考にしてくださいね(・∪・)

寝室の加湿器でおすすめは?

口の周りを加湿するのに効果的な加湿器とはこちら。

パーソナル保湿機

 

この加湿器は、顔に直接蒸気があたる加湿器なんです。

前方50cm~70cmの範囲を集中して保湿するため、ちょうど顔の部分が湿度50%になるように加湿してくれます。

エアマスクをしているような感じですね(ㆁᴗㆁ✿)

 

ですから、喉のウィルスの弱体化には非常に効果的

 

この加湿器が良い点はこれだけではありません。

みなさん、加湿器を使う時、カビ結露気になりませんか?

部屋の湿度をあげると、どうしても発生しやすくなりますよね(。・ω・。)

 

もうお気づきかもしれませんが、この加湿器は、部屋全体を加湿するのではなく、顔を集中して保湿するので、結露が発生しません

結露が発生しませんので、カビも発生しませんね。

 

この加湿器を使うと、部屋全体を加湿するよりも、非常に効果的に、風邪対策ができます。

今年の冬は、パーソナル保湿器で、効率的に風邪対策してみませんか?

まとめ

せっかく風邪予防に加湿器を使うなら、意味のある使い方をしたいですよね( ∩ˇωˇ∩)

寝室での置き場所は、「枕元」ですよ!

これでもう、「朝起きて喉が痛い」とはサヨナラできるはずですヾ(゚∇゚)ノ

関連記事
>>風邪の予防には睡眠が大事!正しい寝方とは?
>>インフルエンザや風邪の予防方法!ヨーグルトがいいって本当?
>>風邪の治し方熱がある時は?お風呂に入った方がいいって本当?

スポンサードリンク

 - 生活の知恵, 美容、健康 ,