主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

親族の結婚式は礼服?男性のマナーを確認しよう

      2016/02/20

35fdb03721d25cdcd86b5d6c1347f5e6_s今度、姉の結婚式に参加することになったあなた。

友人の結婚式の場合は、いつも普通のスーツを着て行っていたけど、

親族の場合は、それだとマナー違反!?

どんな服装をしていけばいいの?

 

今回はそんなあなたのために、親族の結婚式に参加する時の服装マナーについてご紹介します。

しっかりと、確認して結婚式に臨みましょう(´▽`)

スポンサードリンク

結婚式の服装 親族の場合は礼服?

友人の結婚式に参加する場合は、ちょっと派手目なスーツで参加していたあなたも、

親族の結婚式の場合にはそれはマナー違反

親族の場合は、基本的に礼服で行くのがマナーです。

 

礼服というと、お葬式に着ていくものというイメージがあるかもしれませんが、

冠婚葬祭の時に着用するフォーマルウェアのことを礼服と呼びます。

 

この礼服の中にも、3段階の格があり、

正装>準礼装>略礼装

の順で格付けされています。

 

正装・・モーニング(昼)、燕尾服(夜)

準礼装・・ディレクターズスーツ(昼)、タキシード(夜)

略礼装・・ブラックスーツ、ダークスーツ

 

結婚式の場合、新郎や、父親はモーニングを着用しますね。

親族の場合は、準礼装を着るのが正式なマナーです。

 

しかし、日本では結婚式でディレクターズスーツを着ている人はほとんど見かけません。

ディレクターズスーツとは、黒のジャケットに、グレーのベストと縞のコール素材のスラックスの組み合わせの礼服のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

名前も聞いた事がないという方も多いはず。

 

それもそのはず。

日本では、いわゆるブラックフォーマルスーツを礼服として着用している方がほとんどだからです。

 

これは、ブラックフォーマルスーツが正装から略礼装までオールマイティに着用されるという、日本独自のマナーによるもの。

ですから、若いうちはブラックフォーマルスーツを選んでおけば、間違いないでしょう。

 

では次に、ブラックフォーマルスーツを着る際の、細かいマナーについてご紹介していきます。

礼服を着る時の男性のマナーとは?

ワイシャツ

色はの発色が良いものを選びます。

また、襟の形は、レギュラーカラーが最適です。

スポンサードリンク

 

ネクタイ

定番は、白のネクタイですが、最近では、少しシルバーがかったグレーのネクタイが主流です。

特に、若い方の場合はシルバーを選ぶ場合が多く、白、グレーどちらも正解ですので、ここは好みで選びましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケットチーフ

ネクタイの色に合わせて選びます。

ネクタイが白であれば白を、シルバーであればシルバーのチーフを選びましょう。

折り方は、3つ山折り(スリーピークス)が一般的です。

 

カフス、タイピン
礼服の場合、白真珠・蝶貝のものを用います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルト

黒のピンバックルが正式なもの。

太めの、カジュアル寄りの物は避けましょう。

 

ハンカチ、靴下

ハンカチは、靴下はを用意します。

靴下は、ワンポイントや、ストライプはOKです。

意外と目立つ部分ですので、気をつけてくださいね(・∪・)

 

縁結び」という意味もあって、紐で結ぶタイプの靴を履くのがマナーです。

色はもちろん

 

以上が、礼服の正式なマナーです。

まとめ

礼服を着る機会は、これからどんどん増えていくと思います。

もしも持っていなければ、一着は用意しておきたいものですね(✿´ ꒳ ` )

 

買いに行く時間がない・・そんな方には即日発送のフルセットレンタルもあります。

>>礼服のフルセットレンタル

スポンサードリンク

 - 生活の知恵 ,