主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

結婚式の席札に書くメッセージの文例!最初の挨拶と親戚上司へ

   

kekkonnshiki2

結婚式で、席について一番初めに目にするのが席札

この席札の裏に、新郎新婦からメッセージが書いてあると嬉しいですよね(*´꒳`*)

 

私が参加した結婚式でも、ほとんど書いてありましたし、

私自身も書きましたよ~!

でもこれ、実際書くってなると結構大変なんですよね。

 

何が大変って、普段あまり会う機会がない親戚とか、上司とかに宛てて

何を書いたらいいの!?ってとこですよね。

友達とかならスラスラ書けるんですけど・・・。

 

ということで、悪戦苦闘しているあなたへ

席札に書くメッセージの例文をいくつかご紹介したいと思います!

 

スポンサードリンク

結婚式の席札に書くメッセージの文例!

席札にメッセージを書くときの注意点

席札にメッセージを書くときに、いくつか注意しておきたいことがあるのでまずはそちらから。

 

忌み言葉や重ね言葉を使わない

忌み言葉や重ね言葉は、離婚再婚をイメージさせてしまうので、

結婚式のお祝いの言葉としては使わない!というのがマナーです。

 

スピーチをする時に、使わないようにと気を付けることが多いのですが、

メッセージカードでも、できるだけこれらの言葉を避けて、書くようにしましょう。

【忌み言葉】

別れる、帰る、戻る、終わる、離れる、失う、出る、逃げる、絶えるなど

【重ね言葉】

再び、再度、しばしば、重ね重ね、わざわざ、たびたび、など

 

句読点を使わない

慶事に関する文章には、句読点を使わないのがマナーってご存知でしたか?

句読点は、「終わる」「切れる」を意味するので、

結婚式には相応しくないとされています。

 

文章を書いているとついつい「、」「。」を付けたくなってしまいますが、

ぐっと我慢してw空白を開ける程度にしてくださいね!

 

文章量は同じくらいに

上二つも大事ですが、個人的にはこれが一番大事な気がします。

書く内容がある人は多くなったり、あまり書くことがないな~って人は定型文だけの少ない文章になったり・・

結構バラバラになりがちだと思います。

 

でも、もしも自分がゲストだったとき、お隣の人と比べて文章が少なかったりすると

「自分には書くことがなかったのかな・・」

なんてちょっと寂しい気持ちになりませんか?

 

私の経験から行くと、まず同じテーブルのお友達は、見せ合うことがあります。

(写真付きのメッセージカードとか特に)

それから親戚の場合も家族のは、読むことも多いです。

 

ですので、せめて同じテーブル、家族の場合は同じ量書くようにした方が良いと思います。

 

では前置きが長くなりましたが、ここからは早速例文をご紹介していきます。

 

結婚式の席札に書くメッセージ挨拶編

まず初めに、共通で使える挨拶文をご紹介。

・今日は来てくれてありがとう!
・今日は遠方からお呼びたてしてごめんなさい!来てくれて本当にありがとう
・今日は忙しい中 出席してくれてありがとう

・本日は私達の結婚式に出席いただきありがとうございます
・本日はご多忙の中 また遠くからご足労いただきまして 本当に感謝しています
・本日はお忙しい中 私達の結婚式にお立合い頂き ありがとうございます
・今日は連休の最中 お越しくださいまして ありがとうございます


スポンサードリンク

結婚式の席札に書くメッセージ文例 親戚編

・またお盆(お正月)に一緒にお酒を飲むのを楽しみにしています
・伯父さん伯母さんのような 仲の良い夫婦になれるよう頑張ります
・伯父さん伯母さんのような夫婦円満の秘訣を教えてください(笑)
・いつも何かと気にかけてくれてありがとうございます
・これからは妻(夫)ともどもよろしくお願いします
・小さい頃から可愛がっていただき ありがとうございます
・まだ未熟な二人ですが 今度ともよろしくお願いします
・今日は夫婦で来てくれてありがとう!
・仲の良い従兄弟としてこれからもよろしくね!
・久しぶりにお会いできるのを楽しみにしていました
・今度夫婦揃って挨拶に伺います!

おじいちゃんおばあちゃんへ↓↓

・おじいちゃん(おばあちゃん)いつも可愛がってくれてありがとう
いつまでも健康に気をつけて長生きしてね

 

子供へ↓↓(※平仮名で書くのがポイント♪)
・○○ちゃんのすきなけーきもあるよ! いっぱいたべていってね
・あとで ぷれぜんともよういしてるから たのしみにしててね!

 

結婚式の席札に書くメッセージの文例 上司編(会社関係)

・入社してから今日まで ○○さんには大変お世話になりました
・いつも相談に乗っていただき そしてアドバイスをいただきありがとうございます
・いつも私と真剣に向き合って頂き ありがとうございます
・これからもご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします
・今こうしてこの場にいられるのは ○○さんの日ごろからのご指導があってのことです
・早く一人前と認めて頂けるよう 今まで以上に頑張っていきたいと思います
・おかげ様でこの日を迎えることができました

まとめ

使えるメッセージの文例をご紹介してきました!

これらの文例を組み合わせて、オリジナルの文章を作ってみてくださいね☆

 

メッセージを書くときは、

・最初の挨拶
・一言
・締めの挨拶

で、考えるとまとまった文になります。

 

【締めの挨拶】

・今日はどうぞ最後まで楽しんでいって下さいね
・お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄り下さい

紹介した例文を使ってメッセージを作ってみるとこんな感じです。

 

・久しぶりに会う伯父さんへ

本日はお忙しい中 私達の結婚式に出席いただきありがとうございます

なかなか会う機会がないけれど またお正月に一緒にお酒を飲めるのを楽しみにしています!

今日はどうぞ最後まで楽しんでいってくださいね

 

・会社の上司へ

本日はご多忙の中結婚式に出席いただき また主賓の挨拶をしていただきありがとうございます

早く一人前と認めて頂けるよう 今まで以上に頑張っていきたいと思います

これからもご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします

 

メッセージ書き、大変かと思いますが、頑張ってくださいね(*´人`)

メッセージを書く」ということ自体が、感謝の気持ちとしてゲストへ伝わりますので、そこまで固く考えずに

来てくれたことへの感謝を伝えれば大丈夫です。

 

素敵な式となりますように(*´▽`*)

スポンサードリンク

 - 生活の知恵