主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

竹ラグでシミが!恐怖の摩擦黒皮症

      2015/09/09

夏場、少しでも涼しいように、リビングの床に竹ラグを敷いてます。
image

image
冷たいし、夏場にはもってこいなんですけど、毎年一つだけ後悔する事があるんですよね。
きっと経験あるある〜って方が多いと思いますが、女子力高い人は気をつけてるのかも?

摩擦でできるシミに注意!

そう、それは竹ラグとの摩擦でできるシミ。
image
踝(くるぶし)あたりが茶色になります。
そんなに長時間座ってるわけじゃないはずなのに(むしろ、気をつけているつもり)
ほんと、すぐできるんですよね・・。

しかも、一度できると冬くらいまでなかなか消えない。

これ、摩擦黒皮症っていうらしいです。

摩擦黒皮症

摩擦黒皮症とは、肌が繰り返し摩擦による刺激を受けることでメラニン色素が皮膚に沈着し、シミのように黒ずむ疾患のことをいいます。例えば、入浴時にタオルやブラシなどでゴシゴシと洗い過ぎている箇所や、下着の締め付け箇所などが黒ずんでいるようなことがあったら、それは摩擦黒皮症を疑いましょう。
スキンケア大学 美ログより

通常、メラニンは表皮層と呼ばれる部分に存在し、ターンオーバーにより排出されますが、摩擦黒皮症の場合、表皮層より更に奥の真皮層にまでメラニンが入っていくために、なかなか改善しないそうです。

通りで治るまでに時間がかかるわけですね!

こんなに少しの摩擦で、足に色素沈着ができた事を考えると、いかに摩擦がシミの原因になるかがわかりますね。

この『摩擦黒皮症』もちろん、体に限ったことではなく、顔にもできます。

普段、顔は化粧やメイク落としに洗顔と、足よりも摩擦のダメージは大きいはず!

 

実は、肌のターンオーバーによって、入れ替わるのは、表皮層まで。

スポンサードリンク

残念な事に、摩擦黒皮症でメラニンができてしまう、真皮層はターンオーバーが5〜6年とも言われ、殆ど入れ替わりがありません。

そのため、摩擦黒皮症は治るまでに時間がかかると言われているのです。

つまり、出来ないようにする事が最も大事です。

洗顔やタオルドライは優しく。
なるべく摩擦しないように心がけましょう!

それでも出来てしまったら対処法はあるの?

摩擦黒皮症は時間がかかるけど、治ります。

私の場合、足の色素沈着は、竹ラグを引かなくなって暫くすると、気付いたら消えてた!という感じなので
原因となる摩擦をなくす事が一番だと思います。

足などの見えにくい部分はそれで良いかもしれませんが、顔にできてしまった場合は少しでも早く消したいですよね。

そういった場合は美容皮膚科に行く事をお勧めします。

 

ですが、時間がないという方には、自宅でできる方法として
美白効果のある化粧品を使うという方法があります。

特に、美白効果の高い、ハイドロキノンが含まれる化粧品が良いです。

ただし、ハイドロキノンは非常に強い効果を持つため、その反面リスクもあります。
そのため、お肌のトラブルになる可能性も。
特に、お肌の弱い方は、使用前に目立たない所でパッチテストをしてから使用した方が安心です。

と、言っても日本では厚生労働省により、市販品は配合2%までと決められていますので、それほど心配する必要はないかと思います。

また最近では、ハイドロキノンの刺激を押さえつつも、4%配合のものと同程度の効果を得られる化粧品も開発されていますので、刺激が強いのはちょっと・・という方にはこちらがお勧めです。
頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen

シミのない白いお肌は毎日の習慣から!ですよ♪( ´▽`)

p.s.
竹ラグの上に、クッションを敷いて座りますm(_ _)m絶対に。

いつも本当にありがとうございます(^O^)
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

 - 美容、健康