主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

水洗い不可のスーツは自宅でも洗える

   

あつーい夏。ちょっと外を歩くだけで汗をかきますよね・・・

当然、汗をかいた洋服は毎日洗濯するのに、毎日着るスーツは洗うわけにはいかない

頻繁にクリーニングに出すのもお金がバカにならない!でも洗いたい!

という事で、うちではスーツのズボンは家で洗ってます。(上着は型崩れが怖いので家では未挑戦です。)

どうやって洗っているか、方法を紹介しますので参考にしてくださいね♪

自宅でスーツを洗濯する手順

スーツを洗濯する方法は

  • つけ置き手洗いで洗う方法
  • 洗濯機のドライコースで洗う方法

と、2通りあるようですが、私は洗濯機のドライコースで洗っていますので、そちらの方法を紹介しますね!

 

洗うスーツはこちら

image1

 
今回洗うのは、夏用の薄手のズボンです。

ちなみに、夏より、頻度は落ちますが、冬用のズボンもたまに洗います。

まずは洗濯表示を確認

image11

左から、

  • 水洗い不可。
  • 塩素系漂白剤による漂白はできない。
  • アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80~120℃まで)で掛けるのがよい。
  • ドライクリーニングができる。溶剤は石油系のものを使用する。

という意味です。

水洗いできるウォッシャブルスーツではなく、昔からある定番のスーツですよ~。

でも、これを自宅の洗濯機で洗っちゃいます。

 

色落ちの確認

白いタオル等に、洗剤をつけて スーツの目立たない所でトントンと軽くたたきます。

タオルに色がつかなければ、大丈夫です。

 

ズボンは裏返し、3つ折りにして、ネットへ

image2

スーツは裏返して、3つ折りくらいに畳んで、ネットに入れておきます。

これで準備は完了です!

 

いよいよ洗濯機へ投入

いよいよ洗濯機で洗っていきます。

image3

洗剤は、ドライ用のものを使って下さいね。

今回はいつも、セーターなどを洗う時に使っているコレを使いました。

image12

ドライコースを洗濯して、スタート!

スポンサードリンク

うちの洗濯機の場合、

洗い12分、すすぎ2回、脱水1分

となっています。

この時、いつもよりしっかり洗いたい!という場合には、一時停止してちょっとつけ置きしてから洗ってます。

 

仕上がりは?

image5
洗いたて直後がこちら

ちょっとシワシワになってますね。

初めて洗った時はこの時点で、失敗した・・・と思いましたが、案外アイロンできちんとのびるので大丈夫ですよ。

あとは、できる範囲シワをのばして、ピンチハンガーで裏返しのままつり干しします。

image6
干すのは、日蔭です。

脱水1分でも、結構しぼれているので、乾くまでに時間はあまりかかりませんよ。

 

重要なのはアイロンがけ

image7
ここからが大事な仕上げの部分です!

あて布をして、アイロンをかけていきます。

本当は裏返してかけた方がいいのでしょうが、膝の所に裏地があってきれいに掛けれないんですね・・・

なのでうちでは思い切って表のままかけちゃってます。

あて布はやっぱりした方がいいです。あて布なしですると、テカリがでてしまいますので!

あて布は薄手の物ならハンカチでもなんでもいいと思います。うちでは、100均売ってあったメッシュのアイロンあて布を使ってます。

ポケット周りの、かけにくい部分はタオルをくるくると巻いた物を使うと綺麗にかける事ができるので、

お困りの方は試してみてください♪

image10

 

出来上がり

image8

仕上がりはこんな感じです。

どうでしょうか?

シワもきちんと伸びてますし、見た目は洗う前とほとんど変わりありません。

何より、すっきりしてとても気持ちがいいですね。

主人も満足してくれているようです!

まとめ

スーツは自宅で、意外と簡単に洗えます。

もちろん、お気に入りのものや、大事なスーツは、クリーニングに出す事をおすすめしますが、

普段使いのスーツであれば、自宅洗いでも十分かなと思います。

これからの暑い季節、スーツを自宅で洗ってさっぱりしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - 生活の知恵