主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

泣くと鼻が赤くなるのはなぜ?早く治す方法と予防法について

   

d17d1ffb21506fcc79b12716ebd0835c_s

テレビを見ていて、「なんて綺麗な泣き方をする女優さんなんだろう・・」と憧れることはありませんか?

私は、泣くとすぐに鼻が真っ赤になってしまうので、綺麗な泣き顔の人を見ると羨ましく思ってしまいます。

人前でなければ良いのですが、「卒業式」「結婚式」「映画館」など人生の大事なシーンや、人前でどうしても泣いてしまうことってありますよね。

そんな時、鼻が真っ赤になると、とても恥ずかしいものです。

 

そこで今回は、なるべく鼻が赤くならないよう、私が実践していることを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

泣くと鼻が赤くなるのはなぜ?

そもそも、泣くと鼻が赤くなるのは何故なのでしょうか。

全く赤くならない人もいるのに、なぜ自分は赤くなってしまうのか、疑問に思ったことはありませんか?

 

鼻が赤くなるのは、内側に流れる血の色が透けて見えるからです。

「泣く」という行為は、少なからず興奮している状態のため、毛細血管が拡張することによって、肌から透けて赤く見えてしまうのです。

 

鼻が赤くなる人は、

・肌が薄い
・肌が白い
・毛細血管が多い

などの理由で、赤いのが目立ちやすいと言われています。

 

色白の人は、日焼けすると目立ちにくくなるかもしれません。

が、この辺りはもう産まれ持ったものなので、根本的に変えることは難しいですよね。

ですので、基本的には対処療法になると思います。

そこで泣きそうになった時に私がしていることを紹介していきます!

泣くと鼻が赤くなるのを治すには?

泣くと鼻が赤くなるのは、興奮して毛細血管が拡張するからでした。

ですから、いかに「興奮を鎮めて毛細血管を拡張させないか」が重要なのです。

 

・泣きそうになったら他のこと考える

感情が高まって、泣きそうになったらとにかく気持ちを静めるよう努力します。

深呼吸すると、気持ちが落ち着くのでおすすめです。

全然関係のないことを考えたり、羊が一匹、二匹・・と数を数えてもいいかもしれません。

とにかく冷静にです。

 

・涙が溢れ出てしまったら、顎でしれっと拭く

感情を抑えようと思っている最中でも、涙がほろほろっと溢れ出てしまうこともあるでしょう。

そういう時は、顎まで流れた涙をさっと拭きます。

私の経験上、泣かないようにと一生懸命我慢したり、目の涙を拭ってしまうと、余計に涙が溢れてしまいます。

こうなると、もうノンストップで本格的な「泣き」になってしまうため、涙が溢れても「泣いてないわよ」くらいのさらっとした感情でいましょう。

 

涙がたくさんでると、鼻水も出てきますし、それを拭うとさらに鼻が赤くなる悪循環に陥ります。

とにかく冷静になることを忘れてはいけません。

 

それでも赤くなってしまったら?

上のような方法で、興奮した感情を抑えると、例え涙が数的流れたとしても、「鼻が赤くならない」か、「なっても薄い」「治りが早い」となりますが、それでもどうしても泣いて赤くなってしまったらどうしたらいいのでしょうか。

 

・赤くなったら冷やす

拡張した血管は冷やすことで収縮します。

ですから、拡張した毛細血管を冷やしてあげましょう。

トイレに行き、持っているタオルを水で濡らしてそっと鼻に当てます。

タオルが温かくなったら、また水で濡らして冷やしてくださいね。

 

あまり冷たかったり、強く押し当てたりすると、その刺激で逆に赤くなってしまうので、あくまでも軽く当てる程度にします。

こうすることで、何もしないよりは早く引いてくれるはずです。


・最終兵器はマスク

外出先で時間がないような場合は、私は「マスク」をするようにしています。

昔はマスクってしている人ほとんどいませんでしたが、最近はPM2.5などで日本でも年中マスクしている方多いですよね。

なので、マスクをつけていてもそうおかしくないかなと思います。

 

ということで私は、外出するときのバッグにはマスクを常に携帯するようにしています。

そのまま入れているとぐしゃぐしゃになってしまいますが、100均にも「マスクケース」などが売ってあるので入れておくといいですよ。

スポンサードリンク

泣くと鼻が赤くなるときの予防法!普段のスキンケアが原因かも

泣くと鼻が赤く見える原因として、「肌が薄い」というのがありました。

元々薄いというのもありますが、実はこれ、毎日のスキンケアが原因で薄くなってしまっている可能性もあります。

そういう人は、正常な肌の薄さに戻すことで赤みが抑えられることもあるので、普段のスキンケアを見直してみましょう。

・クレンジングや洗顔で顔をゴシゴシこすっている
・ファンデーションを塗りまくっている
・ピーリング入りの洗顔や化粧水を使っている
・熱いお湯で顔を洗っている

私達の肌のバリア機能を果たしている「角質層」は、たった0.02ミリしかありません。

そのため、上記のような少しの刺激で剥がれて薄くなってしまうのです。

肌を厚くするには、角質層を厚くすることだと言われています。

 

薄くなってしまった角質層を厚くするには、剥がしてしまうようなクレンジングや洗顔を見直し、大事な構成成分である「セラミド」を補ってあげることです。

セラミドには種類がありますが、その中でも「ヒト型のセラミド」が一番良いと言われています。

 

ヒト型セラミドの化粧品は、色んなメーカーから出されていますが、こちらの「ヒフミド」ですと今なら980円という格安でトライアルセットが購入できます。

気になる方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか↓↓

>>小林製薬ヒフミドトライアルセット!送料無料



まとめ

いかがでしたか?

根本的な体質を治すのは難しいですが、泣きそうになったら今回ご紹介した方法を試してみてくださいね!

それではー。

スポンサードリンク

 - 美容、健康