主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

七草粥の由来とは?七草の意味と効果を知ろう!

   

111036
日本でも、1月7日に食べる習慣がある、「七草粥

1年が平和で健康に暮らせるようにという願いを込めて
お正月に、飲み食いして疲れた胃を休めるために

といった理由を聞いたことがある方も多いのでは?

今回は、そんな七草粥の元々の由来や、七草の意味についてまとめました。

七草には、身体に嬉しい、意外な効果があるんですよ(●´∀`●)

スポンサードリンク

七草粥の由来とは?

七草粥の起源は、中国の「人日」の日の風習だと言われています。

人日とは?

人日とは、陰暦の正月7日のこと。日本でも、五節句の一つとされていますね。

 

五節句とは?
江戸時代に制定された、祝日のこと。

1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)

 

古代中国では、

1日に 鶏

2日に 犬

3日に 豚

4日に 羊

5日に 牛

6日に 馬

7日に 人間

8日に 穀物

を占う日としており、

「もしもその日が晴天ならばよく育ち、その日が曇りなら災いあり」

とし、当日の晴雨吉凶を占っていました。

 

特に、人の日である、7日(人日)には、邪気を祓って1年の無事を祈るとして、

7種類の菜が入った汁物「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を食べる習慣があったんですね。

 

一方日本では、古来より、年の初めに、雪の間から芽を出した若菜を摘む、「若菜摘み」という風習がありました。

この元々あった若菜摘みの風習が、中国の「七種菜羹」の影響を受けて、日本でも、「七草粥」を食べるようになったと言われています。

 

今日では、七草粥と言ったら、「春の七草」というのが一般的ですが、中国からの影響を受けた当初は、草ではなく、

「七穀」を入れた、「七種粥」を食べていました。

 

その七穀とは何なのか?

そこから現在の七草になった経緯を詳しく見ていきましょう。

七草の意味とは?

影響を受けた当初、食べられていた七穀とはこちら

七穀とは?
・米
・アワ
・キビ
・ヒエ
・ミノゴメ
・ゴマ
・アズキ

味気ない感じですが、ちょっぴり塩味のきいたお粥だったようですね。

 

これらの穀物が、鎌倉時代以降、それぞれの名前や形から、縁起物として選ばれた「春の七草」に変わったとされています。

春の七草とそれぞれの意味はこちら

スポンサードリンク
春の七草とは?
・セリ・・・競り勝つ
・ナズナ・・・なでて汚れをはらう
・ゴギョウ・・・仏体
・ハコベラ・・・繁栄がはびこる
・ホトケノザ・・・仏の安座
・スズナ・・・神様を呼ぶ鈴
・スズシロ・・・穢れのない純白さ

七草には、こんな意味が込められているのですね(ノ゚ο゚)ノ

 

と、七草粥が食べられるようになった由来を見てきましたが、現在では、

正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわる

という理由で七草粥を食べるという方が多いですよね。

 

それには、お粥自体が胃に優しいという理由もありますが、

実は、七草にも、とっておきの効果があるんですよ(◍•ᴗ•◍)

七草の効果とは?

七草粥って、カロリーも低くてダイエットにもオススメなんて言うし、

私は、あまり栄養もないようなイメージだったのですが、実は栄養満点なんですね。

早速その効果を見ていきましょう!

 

セリ
ビタミンミネラルを豊富に含み、免疫力を高める効果や老化防止解毒作用があり、古来より、生薬としても知られている。
ナズナ(ぺんぺん草)
鉄分を多く含み、貧血肝臓に良いとされる。また、便秘解消高血圧痛風にも有効で利尿効果がある。
ゴギョウ
タンパク質ミネラルが豊富。鎮咳作用があり、気管支炎風邪の予防にも良い。
ハコベラ
タンパク質ミネラルを豊富に含み、利尿作用消炎、また歯の痛みにも効果がある。
ホトケノザ
シソ科のホトケノザではなく、キク科の雑草。健胃整腸作用解熱鎮痛高血圧予防に効果的。
スズナ
現在の蕪(かぶ)の事。ビタミンA、C、K、ミネラルが豊富。消化促進解熱咳止めに効果的。また、そばかすの予防にも。
スズシロ
現在の大根(だいこん)の事。効能効果は、スズナと同様。

 

ここであげた以外にも、まだまだ効能効果がある七草。

正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわるというのも頷けますね( ‘-‘ )

まとめ

中国の風習と、日本の風習が重なって始まった「七草粥」ですが、体に優しい、栄養たっぷりの七草。

最近では、食べる人も少なくなっていますが、

お正月に食べすぎた~って人は、七草粥で胃を休めるのも良いですね^^

スポンサードリンク

 - 生活の知恵, 美容、健康 ,