主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

年賀状の丸投げってどこまでできる?料金はどのくらいかかるのか比較してみた

   

Šî–{ RGB

年末が近づくと、そろそろ準備しないといけない「年賀状」

年賀状買ってー

印刷してー

投函しに行ってー・・

ちょっと面倒だな?忙しくて時間がないしな?

丸投げして、誰か変わりにやってくれないかな??

と、思ったあなたへ、とっても便利な年賀状の丸投げサービスをご紹介しましょう。

スポンサードリンク

年賀状の丸投げってどこまでやってくれるの?

「郵便局で年賀状を丸投げできるって言うけど、宛名まで書いてくれて初めて丸投げって言えるのよ」

「今なら宛名も丸投げできます。オプションですけど」

という、郵便局のCMを見た方も多いのではないでしょうか↓

 

そうなんですよね。

丸投げって言っても、一体どこまでやってくれるのか?が気になると思います。

どこまでやってもらうか

は、自分で選択することができますが、

・年賀状印刷
・宛名書き

これらは印刷会社にお願いすることが可能です。

 

・投函

については、取扱いがあるところとない所があります。

 

逆に

・印刷会社を選ぶ
・デザインを選ぶ
・宛名のデータを入力

は、最低でも自分でする必要があります。

デザイン選びと宛名の準備は自分でする必要があるけど、

印刷と投函は丸投げできるよーってこと。

 

・最後の確認は自分でしたい

・コメントを一言書きたい

って方は、投函は自分でするようにしたらいいですね。

 

でもですよ、丸投げと言えど、結構面倒なのが「宛名のデータ入力」ではないでしょうか。

そりゃ、仕方ないと言えば仕方ないのでしょうが。

ここのとこ何とかならないの?

って思う人も多いと思います。

 

そんな時は、郵便局の窓口で「カタログ」から注文をすると、

出したい相手の住所・名前が記載されたはがきを持参すれば、それを見て宛名印刷してくれるんです。

郵便局HP

 

うーん。これは結構便利ですよね?

ただ、これには少し欠点があって、

・高い

っていうのと

・受付期間が早い

ってこと。

年賀状の丸投げは郵便局に頼む?料金はどのくらい?

郵便局の丸投げサービスは、

・Web
・カタログ(窓口)

の2通り注文方法があります。

 

そして、はがき持参で宛名書きを依頼できる窓口での申し込みは、

例年9月初めから11月中旬までと非常に締切が早いのです。

Webでの注文は12月下旬まで

【2016年】

窓口:9/1(木)~11/15(火)

Web:9/1(木)~12/23(金・祝)

 

料金は、年賀状印刷料金と、はがき代と、宛名印刷料金が必要になります。

【年賀状印刷料金】

年賀状印刷料金は、選ぶデザインによって料金が異なりますが、

お安いので、10枚1,980円くらい。100枚4,750円

写真付きだと10枚2,250円くらい。100枚8,910円

※10枚あたりの値段ではないです。

 

【宛名印刷料金】

Web:基本料金1,080円+枚数×30円

窓口:基本料金2,000円+はがき持込宛名料金150円/枚

※はがき返却希望の場合は別途500円

100枚出す時の料金を計算してみると

Web

4,750円(基本料金)+5,200円(はがき代金)+1,080円(基本料金)+100枚×30円=14,030円

窓口(はがき持込)

4,750円(基本料金)+5,200円(はがき代金)+2,000円(基本料金)+15,000円(はがき持込料)=26,950円

となります。

窓口持参がいかにお高いかおわかりいただけると思います。

 

Web申し込みの場合は、早期割引(10%off)とかWeb割引(5%off)があり、早期割引の日までは、15%offになります。

↓↓

【2016年割引き】

12/9まで10%off+5%off:13,312円

1/9まで5%off:13,792円

年賀状印刷のサービスは、郵便局だけじゃなく色んな所がやっているサービスです。

このお値段、他の印刷サービスと比べてどうなんでしょうか。


スポンサードリンク

年賀状の丸投げはどこが安い?

例えばこちらの

お客様満足度90%!圧倒的にセンスのいい年賀状【GLAM PRINT】

ここは、基本料と宛名印刷料が無料で、

プリント料金(98円/枚)+年賀はがき代(52円/枚)+送料(515円)

※5,000円以上送料無料

 

なので、例えば100枚頼むとすると

9,800円+5,200円=15,000円

ですが、

12/1正午までならプリント代15%offで13,530円

12/1~12/15正午までなら10%off 14,020円

郵便局とそこまで大きく変わりませんが、ここは一度頼むとリピート割引10%offっていうのが適用になるので、来年からはもっとお安くなりますよ。

それから、ポスト投函代行サービスもあります。

 

私が調べた中で断トツでお安かったのがここ↓

>>年賀状印刷の年賀本舗【全国送料無料。年賀はがき1枚45円】

官製はがきが1枚あたり45円で、宛名書きも100枚までは一律1,000円。

カラー年賀状を100枚注文した場合、会員、12/8までの早期割引適用で11,282円。

ポスト投函も無料で対応してくれますよ。

 

また、投函だけは自分でしてみてもいいかな?って場合は郵便局よりもお安くできるところもあるので検討してみてくださいね↓

11/30まで印刷費50%off↓↓
>>☆業界最安値印刷 送料無料

業界最安値に挑戦!ハガキ代47円!『Rakpo』

インターネット注文ならいつでも印刷代40%off↓↓
>>年賀状印刷なら平安堂

 

【おすすめの記事】

関連記事年賀状の余りはどうするべき?交換?懸賞に使う?ベストな活用法

 

まとめ

年賀状の丸投げは、なんでも自分で作成するのに比べたらちょっとお高いですが、

そこまでしてもらえたらだいぶ助かりますよね。

自分で作るのも、案外インク代がかかったり、失敗してボツになったり

時間も手間もかかりますので、そう考えると意外と丸投げの方がお得だったりするかもしれないなーと思う今日この頃。

早期割引はお得なので、ぜひ利用してくださいね!

スポンサードリンク

 - 生活の知恵