主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

オキシトシンとは?痛みや認知症に効く?分泌方法は?ガッテンで注目

      2016/06/01

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s

認知症の症状が止まった

体の痛みが軽くなった

 

これ、オキシトシンと言う、ホルモンの仕業なんです。

しかもこのホルモン、ある簡単なことで誰でも分泌することができるんですよ。

 

ガッテン!や、サイエンスZEROでも放送され、今注目のホルモンです。

今回は、そんな不思議なホルモン「オキシトシン」についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

オキシトシンとは?痛みや認知症に効果があるの?

・幸せホルモン
・癒しホルモン
・愛情ホルモン

とも呼ばれるオキシトシンですが、本来は

 

・出産時に子宮を収縮させる(陣痛を促す)ホルモン

・赤ちゃんに母乳を与えるときに分泌させるホルモン

 

という、女性にかかせないホルモンとして知られていました。

 

ところがここ近年で、だいぶ研究が進み

・痛みやストレスの緩和
・血圧の安定
・認知症の改善
・アンチエイジング
・不妊治療
・浮気防止
・心臓の機能向上
・感染予防

 

などなど、さまざまな効果があることがわかってきました。

なんとも魅力的なホルモンですよね。
中でも特に注目されているのが認知症への効果。

乱暴な言動という認知症特有の症状に悩んでいた方が、このオキシトシンを分泌させるある方法(※後述)を1週間続けたところ

それまでの乱暴な言葉や行動が減り、徘徊もなくなったというから驚きです。

 

こんなにすごい効果を持つオキシトシンですが、

実はとっても簡単な方法で分泌することができるんですよ。

 

オキシトシンの分泌方法は?

オキシトシンの分泌方法は、至って単純。

 

このホルモンは

スキンシップ

することで脳から分泌されるのです。

 

しかし、ただスキンシップを取るだけでは分泌されません。

ポイントは、自分が心地よく感じているかどうか。

 

嫌いな人に触られても、全然嬉しくないですよね?

そういう時には、オキシトシンは分泌されないということを覚えておいてください。

 

あくまでも、自分が嬉しい、楽しい、癒されると感じるようなプラスの場合のみということです。

 

では具体的にどんなスキンシップをすれば良いのでしょうか?

 

スキンシップの内容はハグでも、ボディタッチでも、何でもOK。

もちろん、恋愛感情である必要もありません。

ペットとの触れ合い
(見つめあうだけでも◎。動物を飼っていなくても、動物園や猫カフェなどで触れ合うことができます)

 

恋人とのスキンシップ
(手をつなぐ、キスをするなど)

 

親子のスキンシップ
(赤ちゃんを抱っこする、子供の頭をなでる)

 

人やペットとの触れ合い以外でも、

エステ
マッサージ

こういった、リラックス効果があるものは、オキシトシンが分泌されます。

 

疲れがたまった時のマッサージやエステは、体への効果だけでなくオキシトシンの分泌にも効果ありの

とても良い行動なんですね。

 

それから、精神的なスキンシップも有効で、

例えば

会社帰りの一杯

や、

主婦の井戸端会議

などでも分泌されるというから驚きです。

 

一人暮らしの学生さんなんかは、

実家に電話

するだけでもオキシトシンの分泌に繋がるので、試してみてくださいね^^

 

【オキシトシンの分泌】

・ペットとの触れ合い
・恋人同士の触れ合い
・家族の団らん、触れ合い
・エステ、マッサージ
・会社帰りの一杯
・主婦の井戸端会議
・好きな人と電話


スポンサードリンク

スウェーデン発!タクティールケアとは?

さて、そんな大注目のオキシトシンですが、

スウェーデンや欧米では”タクティールケア”として医療機関ですでに取り入れられていて、

知的障害やガンの痛みの緩和に実践されています。

 

病気自体がよくなるわけではありませんが、病気によるさまざまな症状の改善が期待できるというものです。

 

具体的には、相手の背中、手などを優しく触れるというタッチケアで、

最初に書きました、認知症の症状が改善した方は、まさにこの方法を実践されていたのです。

 

私達でもできる、簡単な方法としてガッテンで紹介された方法がこちら↓↓

①される側の人に、椅子の背や、テーブルにもたれ楽な姿勢をとってもらう。

②両方の掌を、背中にぴったりとつけ、背中全体を10分程度さすります。

※1秒間に5㎝程度にゆっくりと動かすのがポイント!アイロンをかけるようなイメージで

 

最中は、手を離さずに、相手のことを考え、心を込めて優しくさすってあげましょう。

 

まとめ

近年大注目のオキシトシン。

スキンシップはとても大事だと言うことがわかりますね。

タクティールケアですが、触れられた相手だけではなく、触れた側にもオキシトシンを分泌する効果があるそうです。

 

きちんとしたメソッドでなくても、一定の効果が見込めると言われていますから、

私達でもすぐに始めることができますね。

 

本格的に学びたい方は、こちらに専門の講座がありますので覗いてみてください。

日本スウェーデン福祉研究所

スポンサードリンク

 - 美容、健康