主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

運動会のお弁当に唐揚げを!前日はどこまで?美味しく食べるための一工夫

   

karaage

運動会のメインのおかずと言えば大人気「唐揚げ」ではないでしょうか。

子供から大人まで大好きな定番お弁当おかずですよね。

 

ですが、唐揚げって何回作っても案外難しいもの。

せっかくの運動会、美味しい唐揚げを持って行きたいですよね。

 

そんなあなたも大丈夫。

いつもの唐揚げにちょっと工夫をすることで

冷めても美味しい唐揚げを作ることができます。

 

今回は、お弁当に入れる唐揚げをテーマに、

味付けや、前日にはどこまで作ってもOKかなど

詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

運動会のお弁当に唐揚げを!

運動会のお弁当は「美味しいこと」ももちろん重要ですが

傷みにくいこと」も大事です。

 

夏はもちろんですが、秋でもまだまだ日差しが強く暑い日も多いです。

頑張って作ったお弁当が傷んでいたら・・と思うと心配ですよね。

 

なので今回は、

・美味しいこと

・傷みにくいこと

を重視して喜ばれる唐揚げを作っていきましょう。

 

お弁当に入れる唐揚げはいつもより濃いめの味付けに

お弁当に入れる唐揚げは、いつもの食事の時よりも少し濃いめに味付けにします。

その方が、運動後には美味しく感じますし、傷みにくくもなるんです。

 

濃いめに味付けする際、おすすめなのはしょうがの量を2倍にすることです。

しょうがを2倍にすると、子供が食べられないのでは?

と、思うかもしれませんが案外ピリピリしませんし

時間がたつと味が落ち着いてきて、程よいしょうが味が運動後にはたまらなく美味しく感じると思います。

 

特に暑い日には、食べやすい味になると思うので試してみてくださいね。

 

また、ハーブソルトを使うとさらに痛みにくさもアップ

香りもよく食欲も進みますので、試してみたい方はぜひ。

 

冷めてもカリカリジューシーな唐揚げを作るコツ

カリカリジューシーな唐揚げを作るポイントは使う「」です。

唐揚げに使う衣は、片栗粉小麦粉で一般的には片栗粉が使われることが多いです。

 

片栗粉を使うと、見た目は白く、サクっと軽い食感に仕上がります。

竜田揚げをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

 

一方小麦粉にはグルテンが含まれているため

お肉の旨みを閉じ込めてジューシーな唐揚げを作ることができます。

また、小麦粉の衣は、上げたときに香ばしい色も付けてくれます。

 

お弁当に入れる時は、両方の利点を生かすため

片栗粉と小麦粉を1:1の割合で混ぜた物を使います。

 

こうすることで、時間が経っても食感が変わらず

サクサクジューシーな唐揚げを食べることができますよ。

 

揚げる温度は180℃で二度揚げ

カリカリの唐揚げを作るには、揚げる時の温度も重要です。

実は、片栗粉は揚げたとき適度に固まる温度が180℃以上なのです。

 

もしも180℃以下で揚げてしまうと

油を吸い過ぎてベチャっとした仕上がりに。

 

逆に温度が高すぎると周りが先に揚がって中身が生のままに。

ですから、180℃という温度が一番カリっとジューシーに仕上がるのです。

 

そして揚げすぎにならないよう、二度揚げにします。

【二度揚げの方法】

①1分半揚げる

②4分休ませる

③40秒揚げる

最後は少し火を強めにすると、いい色にカリっと仕上がります。

 

なお、180℃の目安は、菜箸を入れてみて

お箸全体から泡が絶え間なく上がる状態です。

細かい泡だとまだ少し温度が足りない状態なので目安にしてくださいね。


スポンサードリンク

運動会のお弁当の唐揚げは前日に揚げてもいいの?

運動会当日の朝は何かとバタバタするので、できれば前日のうちに揚げる所までしておきたいと思いますよね。

 

ですが、やっぱり唐揚げは当日の朝揚げる方がおすすめです。

唐揚げは、揚げてから時間がたつと油っぽく、衣がベタベタになりやすいです。

せっかく工夫してカリカリに作っても美味しさが半減してしまいます。

 

かと言って、当日に最初から作るのも大変なので

前日のうちに下味までは済ませておきましょう。

こうすることで味も染み込みますし、朝は衣をつけて揚げれば良いだけなのでかなり時短になります。

 

お弁当に入れるときはしっかり粗熱をとってから

から揚げをお弁当に入れる時は、しっかり粗熱をとってから入れるのが基本です。

ですが、朝唐揚げをあげていると、ゆっくり冷ます時間がありません。

 

そこで効率よく冷ます方法としてステンレスバットを使うのがおすすめです。

粗熱が取れたらステンレスバットに入れて、冷蔵庫へ入れておきます。

 

ステンレスは、熱伝導が良く、短時間で冷ますことができるので

時間がない朝にはぴったりのアイテムです。

ぜひ活用してみてください。

 

まとめ

運動会に唐揚げを持っていく時のポイントをご紹介しましたがいかがでしたか?

当日は、美味しくて傷みにくい唐揚げをぜひ作って持って行ってあげてくださいね^^

 

最近流行のそうめんお弁当もおすすめです
➟運動会のお弁当にそうめんを!茹で方やくっつかないコツ つゆはどうする?

スポンサードリンク

 - 生活の知恵