気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信中♪

主婦の気になるアレコレ

観葉植物

パイナップルの育て方!土や肥料は?食べ終わったら挑戦してみよう

投稿日:

68f207351e19d0904a9cfb500c94a04f_s

スーパーなどでも見かけることが多いパイナップル。

冷やして食べると、美味しいですよね~。

 

ところでそんなパイナップルですが、食べた後に栽培できるってご存知ですか?

私もチャレンジしてみましたが、意外にガンガン育ってビックリしました。

今回は、パイナップルの育て方をご紹介したいと思いますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

スポンサードリンク

パイナップルの育て方!

スーパーで購入したパイナップルでも、きちんと育てれば、新たな「」がついて食べることができます。

 

どのように実がなるかと言いますと・・・

 

真ん中からニョキニョキっと生えます。

なかなかのインパクトですよね。

 

こんなの見たら、ぜひやりたい!!収穫したい!!

と、思うかもしれませんが、スーパーで購入したパイナップルから育てて、実際に「実」がなって収穫できる状態になるには2~4年かかると言われています。

長いですーw

根気よく頑張りましょう。

 

パイナップルの育て方 手順

①パイナップルのクラウンをつけ根で切り落とす

IMG_0749

育てるために使うのは、パイナップルの上の葉っぱの部分です。

葉っぱの部分は「クラウン(冠芽)」と言います。

 

②つけ根部分から、1~2㎝くらい上まで葉っぱを剥がす

IMG_0751

下の方の葉っぱを剥がします。

 

③水さしで根を出す

葉っぱを剥がしたら、水さししておきます。

2週間ほどでこのくらい根が出ました!

IMG_0940

 

④鉢に植えつけます

パイナップルの育て方!土や肥料は?

パイナップルは元々、乾燥地帯や熱帯のやせた酸性土壌に生えるものなので、そのような土が向いています。

 

おすすめなのは、「鹿沼土(かぬまつち)

 

鹿沼土は、栃木県鹿沼市の関東ローム層で採られる軽石のこと。

多肉植物を育てるのによく使われますが、

・通気性が高い
・保水性が高い
・水はけが良い
・酸性の土

というのが特徴です。

 

また、乾燥した状態では白、水を含むと黄色に変化するため、乾燥しているかどうか見分けがつきやすいという利点もあります。

肥料は、リン酸分の多い、固形の化成肥料を用意しましょう。

春~秋までの間、2ヶ月に1回が目安です。

スポンサードリンク

パイナップルの育て方のコツ!

・適期

スーパーで購入したパイナップルを植える作業は(クラウンざし)5~9月頃に行います。

 

・水やりについて

土が乾いたら水を与えるのが基本ですが、夏場や実がついたら毎日たっぷりと与えます。

葉っぱからも水を吸うので、夏場は全体にかけてあげるようにしましょう。

 

ただし、与えすぎると根腐れを起こしてしまうので、土がしっかりと乾いてから与えるようにしてください。

気温が10℃以下になってきたら、回数を減らします。

 

・場所

パイナップルは、日当たりのよい場所を好みます。

夏場(5~10月)は、日の当たる外に。

冬場(11~4月)は、室内に。


・植え替えについて

パイナップルは、結構大きく育ちます。

「実」が収穫できる頃には、葉っぱも50㎝程に成長すると言われていますよ。

 

そう考えると、初めから大きな鉢に植えたくなりますが、最初から大き目の鉢に植えてしまうと

パイナップルが苦手な「過湿」状態になりやすいです。

 

初めは大きすぎない鉢で、根詰まりしてきたら、一回り大きな鉢に植え替えるようにしましょう。

植え替えの時期は、5~6月辺りが最適です。

 

パイナップルの育て方まとめ

パイナップルは、

・日当たりを好む
・過湿は嫌い
・寒いのも×

です。

 

我が家で育てたパイナップルですが、冬場、室内にいれずにそのまま外に出してしまっていて、

雪が降った後に枯れてしまいました・・・・・。

IMG_3927

それまで順調に育っていたのに、残念です。

パイナップルは、くれぐれも冬場は室内にです。

 

でも、スーパーのパイナップルでここまで育つなんて生命力が強いな~と思いましたよ。

またパイナップルの季節になりましたので、再挑戦したいと思います。

 

スポンサードリンク

-観葉植物

PICK UP記事

Copyright© 主婦の気になるアレコレ , 2017 All Rights Reserved.