主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

潮干狩り愛知でおすすめの場所はどこ?西尾 知多 田原 蒲郡

      2016/02/20

185128
愛知県は、美味しいアサリが取れるとして全国でも人気の潮干狩りスポットがたくさん。

県外からも、たくさんの人が訪れていますよ!

 

そんな愛知は、潮干狩りできる場所がたくさんあるため、どこに行こうか迷う方も多いです。

今回は、各場所で、最もオススメな潮干狩り場をご紹介します♪

 

迷っているあなたの参考になれば嬉しいです(●´∀`)ノ

スポンサードリンク

潮干狩り 愛知でおすすめの場所は?

愛知県には、主に

西尾市、知多半島、田原市、蒲郡市と大きく分けて4つの潮干狩りエリアがあります。

それぞれの場所で、おすすめの潮干狩り場をご紹介していきますね!

西尾市

西尾市には、吉田海岸衣崎海岸など、潮干狩りができる場所が、8ヶ所あります。

一番のおすすめは、東はず海岸・前島(うさぎ島)

 

昔は400羽のうさぎが放し飼いにされていたのでうさぎ島と呼ばれているんですね!

前島のオススメな点は、4つ。

 

バーベキューができること

コンロ使用料…800円 食材等は、魚貝類以外持ち込み可能。

 

休憩施設があること

休憩所利用料…500円 たたみ2畳分程度で、4名から5名座ることができる。

 

潮干狩りデビューをするファミリー向けに、潮干狩り入門教室が開催される

開催されるのは、潮干狩りを実施している土曜日のみ。 ※要予約、無料です。

 

限定50食まで貝汁の無料サービスがある

5月までの土・日曜日限定。

 

と、このように非常に施設やサービスが充実していますので、初心者や、ファミリーでも十分に楽しめます。

【料金】

大人 2,400円(潮干狩り料金 1600円+渡船料 800円)

子供 1,200円(潮干狩り料金 800円+渡船料 400円)

 

2016年は、3月11日(金)~8月6日(土)まで開催。

 

愛知、岐阜、長野、静岡各県内のサークルKサンクスで、3月上旬(予定)より前売入場券が発売される予定です。

H28年度の潮干狩りできる日程や電話番号→

 

知多半島

2015年は、ツメタガイの被害により、アサリがほぼ全滅。

このため潮干狩りが中止になってしまった知多ですが、2016年は今のところ大丈夫なようですよ!

昨年の分もしっかりと楽しみましょう♪

スポンサードリンク

 

そんな知多で最もおすすめな場所は・・奥田中(おくだなか)

 

奥田中は砂地で柔らかいので、掘りやすく、また、遠浅なのでお子さんにも安心です。

近くには、南知多ビーチランドや、おもちゃ王国もありますしね!

 

そうそう、奥田中の売店がある駐車場にとめると、利用者専用の無料シャワーや、海水サービスが使えるんだとか。

その分、他の駐車場よりもお高い1,000円です。

 

【料金】

大人 1,200円(中学生以上)
子供 900円(小学生)

 

田原市

田原市でのおすすめは、小中山

こちらの潮干狩り場は、お安く、しかも手ぶらで潮干狩りが楽しめる点が人気です。

 

【料金】

大人 1,500円

小学生以下は無料

 

なんと、小学生以下は無料なんですね。

ただし、アサリの持ち出しはできません。(大人のみ可)

 

潮干狩りに必要なカゴや熊手も貸出、駐車場も無料です。

場所や日程表はこちら→

 

蒲郡市

ここでのおすすめは竹島海岸です。

竹島は、島全体が天然記念物に指定されていて、景色を楽しみながら、潮干狩りができるスポットです。

 

子供がいる場合は、橋の下あたりの砂地で取るのが安全でオススメですよ。

場所によっては大きいサイズのアサリがゲットできるみたいなので、探してみて下さいね^^

 

足洗い場も、数が設置してあるので、助かります。

 

【料金】

1,300円 (小学生以上)

 

幼児は無料ですが、小学生以上が一律で1,300円と、他の場所よりも若干高めです。

2014年までは、1,000円と一番安い場所だったので・・残念です(´A`。)

場所や日程表はこちら→

 

まとめ

以上、愛知のおすすめ潮干狩り場

・西尾市 東はず海岸・前島(うさぎ島)

・知多半島 奥田中

・田原市 小中山

・蒲郡市 竹島海岸

でした。

毎日潮干狩りができるわけではありませんので、

しっかり潮見表をチェックしてお出かけくださいねヽ(・∀・)ノ

こちらの記事もどうぞ↓
潮干狩りの持ち物で子連れの場合にあると便利な物!服装や靴は?

潮干狩りに最適な時間と取る場所のポイント!貝の持ち帰り方

アサリとハマグリとバカ貝の見分け方!砂抜きの方法と食べ方

スポンサードリンク

 - 春のイベント