気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信中♪

主婦の気になるアレコレ

掃除テクニック

ダイソン掃除機のヘッドを掃除してみた!取り外し方や洗い方は?

投稿日:

我が家で愛用中のダイソン掃除機。
もう長い間使っていますが、中のゴミは捨てても今まで一度もヘッドのお掃除をしたことがありません。
そこで今回は、このヘッドを取り外して洗う事にしました。

掃除が終わった後は、
あれ?こんなに軽かったっけ?ってくらい
ヘッドが進む進む。
今までどんだけ埃が詰まっていたのでしょう。

いくら吸引力が優秀なダイソンとはいえ
定期的なお手入れは必要ですね!

スポンサードリンク

ダイソン掃除機のヘッドを掃除してみた!取り外し方は?

ヘッドの部分です。
裏返しにすると、中に埃がつまっているのがわかります。

ローラーの部分にも、埃がやや付着しているのと
色が黒くなっているのがわかります。

では、さっそくヘッドを分解して取り外していきます。

裏返したヘッドの側面を見ると、矢印が書いてある部分があります。
矢印が書いてある側に、赤丸の回す部分があるので
そこに小銭を入れて回します。
線はそんなに大きくないので、1円玉か5円玉くらいの大きさが回しやすいと思います。

写真はロック解除した後の状態
ロック中は線が横になっているはずです。
写真のように回してロック解除してください。

ロック解除したら、矢印のついた端の方から上に持ち上げると・・

パカっと外れて、ローラーも横から外せるようになります。

手前の小さい青いローラーも、端から上に持ち上げると簡単に取り外せます。

分解できるのはここまで。


スポンサードリンク

ダイソン掃除機のヘッドの洗い方は?

続いて、分解したヘッドとローラーをそれぞれ掃除していきます。

ダイソン掃除機ローラーの掃除方法

取り外したローラー部分は水洗いできます。

お湯や洗剤はNGなので、お水ですすぎ洗いします。
初めはそんなんで取れるのか?
と、思っていましたが
案外お水で流しながら手で表面をこするだけでも綺麗になります。

写真だとちょっと分かりづらいですが、実際に見るとかなり色が違っているので
ビックリしますよ。
本当に軽く、さっと流しただけなので
元々汚れが落ちやすい素材を使っているのでしょうか?

洗ったら、立てて乾かします。
立てておく向きにも指定があって、写真の側が上になるように立てて乾燥させます。
(小さいローラーはこちらでないと立ちません)

説明書には、完全に乾くまで最低24時間乾かしてください。
とあります。
小さいローラーはすぐに乾きますが、大きい方は毛が長くやや乾きにくいです。
夏場の晴れの日だとすぐに乾くと思いますが
雨の日や冬は少々乾きにくいかもしれません。

私は雨の日に洗ってしまって、扇風機にあてて乾燥させました。
(24時間もかかりませんでしたが)
乾くまで掃除ができない、ということは考慮しておいた方が良さそうです。

ダイソン掃除機ヘッドの掃除方法

ヘッド部分はかなりホコリが付着しています。
ですが、残念なことにヘッド部分は水洗いできません。
なので、地道にホコリを取っていくしかありません。

埃は、水分を吸っているからかフワフワの状態ではなくて固くなり
ヘッドにこびりついています。
始めは爪楊枝を使って埃をかきだしていましたが、爪楊枝の強度では太刀打ちできません。
ポキポキ折れて、使い辛かったので途中から割り箸に変えました。

割り箸は折れないし、奥まで入るしでかなり使いやすかったです。
埃取りには割り箸、おすすめです。
今回ティッシュの上でやっていますが、もっと大きな新聞紙や広告の方が良いです。

ある程度ホコリが取れたら、仕上げにティッシュでふいて細かい埃を落とします。
水を使えないし、完璧にとまでは行きませんが
覆われていたホコリはだいぶ取ることができました。

ただ、気になったのが外せない部分の表側。
ここに埃が詰まっているのです。

ネジが付いていたので、このネジを外せばいけるかも?
とは思いましたが、家にあるドライバーでは外せなかったのと
外すことは推奨されていないようなので
壊れてもこまるし今回は辞めておきました。

最初に取り外したこの部分も

軽くふいて(こちらも水洗い不可)
巻きついていた髪の毛もとって綺麗にしました。

後は、乾燥させたローラーを戻して、取り外した時と逆手順で元に戻します。

だいぶ綺麗になってスッキリしました。
本体部分に接続してスイッチを入れると無事動きます。

最初にも書きましたが、こんなに軽かったっけ?
ってくらいヘッドがスムーズに動きますよ。

ダイソン掃除機ヘッドの掃除まとめ

今回は、ダイソン掃除機の
ヘッド部分を取り外して掃除しました。
ローラーは洗えるけど、ヘッドの部分は水洗いできないので
割り箸などで埃をかきだすしかできませんでした。
が、それでもかなりスッキリしましたので、やった甲斐がありましたよ♪

取り外しも簡単なので、ぜひやってみてください!

スポンサードリンク

-掃除テクニック

PICK UP記事と広告

Copyright© 主婦の気になるアレコレ , 2018 All Rights Reserved.