主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

長時間フライトのメイクは?乾燥対策と持ち込みできる化粧品をチェック

   

268d4972d568c51a371a24151768a718_s
今度海外旅行へ行くけど、長時間フライト中のメイクはみんなどうしてるの?

ずっとメイクをしているのもお肌に悪そうだし・・

 

今回は、長時間フライト時のメイク事情についてまとめました。

機内はとても乾燥するので、乾燥対策も欠かせません。

いったいどんな乾燥対策をすればいいのか、機内に持ち込みできる化粧品のことも、勉強しておきましょう(*´▽`*)

スポンサードリンク

長時間フライトのメイクはどうする?

長時間フライトの場合、みんなメイクはどうしているのかというと、

・メイクはしない!最初からスッピン

・飛行機に乗る前空港のトイレで落とす or 飛行機の中で落とす

という方が多く、フライト中ずっとメイクをつけっぱなしという方は

ほとんどいないようです。

 

食事が終わって一通り落ち着くと、機内の照明は消されて暗くなるので、ノーメイクでも周りの目は気になりませんしね(*^-^*)

そのあとは、寝る方も多いですし、自分の肌のためにもメイクは落とした方が絶対に良いと思います。

 

機内でメイクを落とす人は、どうやって落としているのかといいますと、

メイク落としシートを使って落としています。

 

洗い流し不要のメイク落としシートを使いましょう。(オイルインタイプは洗い流す必要があります)

 

それでも気になる場合は、

収れん化粧水でふき取り後、乳液でふたをしましょう。

 

メイク落としシートを初めて使う場合は、必ず事前に試しておいた方が良いです。

肌に合わなくてすごくつっぱる・・などの可能性もありますので。

 

自分に合うか合わないか、確認しておいてくださいね^^

DHCのものが人気があるようですよ~。

 

では次に、化粧をするタイミングですが、

・そのままホテルへスッピンで直行
・到着前に機内でメイク
・空港についた後、トイレでメイク

サングラスや帽子で隠して、そのままスッピンでホテルに直行という方も案外多いです。

 

一番楽ですしね。

ホテルについて、顔を洗って出直しというパターンです。

 

ただし、「すっぴんで降り立ったら、レイをかけての写真撮影があった( ゚Д゚)」

というツアーの場合もあるので、そのあたりは確認しておいた方がよいかもしれませんね。

 

後は、到着前に、照明がついて明るくなった時にメイクする人、

空港に着いてからメイクする人どちらもいらっしゃいます。

 

ツアーで行く場合、空港についてからゆっくりメイクしている時間はないので、

しっかりメイクをしたい場合は、機内が良さそうです。

 

個人的には、眉毛だけかいておいて飛行機に乗り、到着前に軽くメイクが一番オススメです(*´▽`*)

スポンサードリンク

 

それから、機内は湿度20%と、大変乾燥しますので保湿対策もかなり重要になってきます。

 

飛行機での乾燥対策は?

機内では、細目にミストスプレーで水分補給を。

それだけだと、蒸発するときにさらに乾燥するので必ず乳液&保湿クリームでふたをしましょう。

 

中にはローションシート(フェイスマスク)をつけて寝るという方もいらっしゃるようです。

ただローションシートも長時間つけっぱなしは良くないですし、いくら暗くなるとは言っても、窓側の席以外ではなかなか難しいかも!?

 

そこで寝る時に私がオススメするのは、

蒸気でホットアイマスクと、濡れマスクです。

 

パッと見、ローションシートと変わらないような気もしますがw

マスクよりは抵抗なく着けられると思いますし、喉の乾燥対策にもなるのでぜひ。

 

ところで、忘れてはいけないのが、機内へ持ち込める液体物には制限があることです。

 

飛行機に持ち込みできる化粧品を確認しておこう

国際線の場合、機内に持ち込める液体物は、100ml(g)以下の容器に入ったもののみ。

これを、20㎝×20㎝以下(目安)の透明プラスチック製の袋に入れ、合計1ℓ以下であれば、持ち込みできます。

いわゆるジップロックですね。

 

機内用に、化粧水やクリームは、小分けの容器に移し替えておきましょう。

100ml以下の容器は、100均や無印良品など、色んなところに販売してあります。

容量をチェックして購入してくださいね(*^^)v

トラベル用の化粧品セットもありますね↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、マスカラも液体に入りますのでお忘れなくです。

 

まとめ

長時間のフライトは、とにかく疲れるので、楽な恰好が基本です。

それはお肌も同じで、現地でニキビができてがっかり・・なんてことにならないように、

しっかりコンディションを整えておきましょう(*^^)v

スポンサードリンク

 - 生活の知恵