気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信中♪

主婦の気になるアレコレ

台風

台風は右側がなぜ強い?風向きの法則と台風が北上する理由に関係する?

投稿日:

非常に強い雨や風をもたらす台風。
日本には、9月に上陸することが多いですが
たまに季節外れの台風もあるので驚くこともありますね。

子供の頃は、学校が休みになる
と喜んでいたこともありましたが
大人になると台風でも仕事には行かなければいけないので
来ないでくれ~とひたすらに祈るのみです。

最近は自然災害も多いので、色々と心配ですしね。

さて、そんな台風ですが
台風の左側よりも右側の方が風が強いという話
聞いた事がありませんか?

これ、日本では確かにそうなんですが
一帯なぜ左側より右側が強くなるのでしょうか?

今回は、この疑問を解決します。

スポンサードリンク

台風は右側がなぜ強い?理由は?

日本を通過する台風は一般的に、台風の右側と左側では風の強さが違っていて
左側よりも右側の方が風が強いです。

左側<<<<<右側

このことは昔から船乗りの間ではよく知られていて
台風が来ていると海は大荒れではあるのですが
どちらかと言えば、右側よりも左側の方が航海には安全なので
『可航半円』と呼ばれています。

反対に、右側は危険半円と言いますよ。

なぜ、左側よりも右側の方が風が強くなるのかというと
それは
台風自身の風の向きと、台風を動かしている風の向きが関係しています。

右側は、この台風自身の風の向きと台風を動かしている風の向きが同じになるので
威力が合わさって、より風が強くなるという仕組みなのですが
もう少し、詳しく解説してきますね!

台風の風向きの法則とは?

ではまず、台風自身の風の向きについて。
天気予報図で、台風の映像を一度は見たことがあるかと思いますが
台風は目を中心に、渦を巻いているんですよね。

この渦の向きなんですが、日本に来る台風は反時計回りに渦巻いています。
(反時計回り=左回り)

【※補足※】

なぜ反時計回りに回るのか、は地球の自転が関係しています。
もっと詳しく知りたい方は、コリオリの力を調べるとわかりますよ。
ちなみに南半球では時計回りになります。

つまり、台風自身の風向きはこう↓↓

台風の時は、めちゃくちゃに風が吹いているように感じますが
実はちゃんと法則に従って吹いているんです。

台風が通過する時に
台風の右側(東側)では
風の向きが
東→北→西(反時計回り)と変わります。

一方台風の左側(西側)では
東→南→西(時計回り)と風の向きが変化しますよ。

スポンサードリンク

台風が北上する理由は何?

では続いて、台風を動かしている風の向きについてです。
台風は、日本よりもはるか南の方で発生して、そのまま西に通過するのかな
と思いきやぐいっと曲がって日本方面に北上してきますよね。

これは台風自身が決めている・・
のではなくて風によって台風が動かされているからなんです。

そもそも台風は、北上する性質がある(これもコリオリの力が関係している)のですが
その力は弱いので、上空を流れる風に大きく影響を受けます。

【ポイント】

貿易風・・緯度がおおよそ30度以下の地域で東から吹く恒常風

偏西風・・緯度がおおよそ35〜65度の地域で西から吹く恒常風

恒常風・・一年中ほどんど同じ方向に吹く風

南で発生した台風は、1年中同じ方向に吹く風、貿易風によって東から西へと流されながら北上していきます。
春や秋、冬の頃に発生する台風は緯度が低く
この貿易風に乗ったままフィリピンや中国南部に行ってしまうため
日本にはあまり来ません。

ところが、頻繁に発生する夏ごろになると台風の発生緯度が高くなってきます。
そうなると今度は、中・高緯度を流れる『偏西風』の影響を受けてくるわけですね。
偏西風は強い西風(西→東へ吹く)です。

貿易風に乗って北上しつつ西へと流されてきた台風が、
偏西風の領域に到達すると、
今度は強い西風(西→東)の影響を受けてグイっと進路を変えて
北東へと進んでいきます。

その結果、日本の上空を通るようになるというわけです。

ちなみに台風は、夏の暑い季節に一番多く発生するのですが
日本に上陸する台風は、真夏よりも9月とか
夏の終わりごろにかけてが多いと思いませんか?

その理由は、真夏は日本の上空に太平洋高気圧が大きく張り出しているからです。
この太平洋高気圧が壁となって、台風が日本に近づけないので
そのまま通り過ぎてしまうんです。

太平洋高気圧の勢力が弱まる9月頃になると
その、太平洋高気圧に沿うようにして日本に接近してくるのです。
だから日本は、9月頃が一番台風の上陸が多いのですね。

台風の右側が強い理由をまとめると・・

ということで、
先ほどまでのことをまとめると

・台風は反時計回り(左回り)に風を発生させている。
・日本に上陸する時は、強い偏西風の影響を受けて北東へ進む。

と、絵に書くとこうなるわけで
つまり台風の進行方向右側は、
台風の風+動かす風が合わさるので、風が強くなり

進行方向左側は
台風の風ー動かす風と相殺される向きになるので
右側よりも弱くなる

ということです。

ちなみにですが、風だけではなくて
右側(東側)は雨も強くなる傾向にあります。
風の威力が増す右側の方が、より多くの暖かく湿った空気を取り込み、
積乱雲を発生・発達しやすいからです。

いつもは右側(東側)を通る台風が、今回のは左側(西側)を通りそうだ
って時には
いつもより注意が必要ですね!

スポンサードリンク

-台風

PICK UP記事と広告

Copyright© 主婦の気になるアレコレ , 2018 All Rights Reserved.