主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

遮光カーテンの光漏れ対策!上や横からの光の侵入を防ぐ方法

   

6f52ef64f4f66c086a5853512e24d2f5_s
せっかく遮光カーテンを付けているのに、

隙間から漏れる光のせいでまぶしくて寝られない。

この光漏れを何とかする方法はないかな?

 

今回は、遮光カーテンの光漏れ対策についてまとめました。

参考にしていただけましたら幸いです(*´▽`*)

スポンサードリンク

遮光カーテンの光漏れ対策

遮光カーテンでせっかく光をさえぎっても、

カーテンの横(左右)と上の対策をしないと、当然光は漏れてしまいます。

ではまずは、上の部分の光漏れ対策です。

 

カーテンの光漏れ上からの侵入を防ぐ方法

カーテンをフックを正面付け

カーテンは、取り付けるフックの位置によって、天井付け正面付けに分けられます。

 

もしもフックの位置が高く、カーテンレールとカーテンの間に隙間が空いているようなら、

このフックの位置を下げてみましょう。

 

そうすると、カーテンが、レールを隠すような位置に来ると思います。

これが正面付けです。
sk-1

 

 

この方法だと、レールとカーテンの隙間からの光の侵入を防ぐことができますね(*^^)v

 

天井付けはコレ↓↓↓ これだとレールとカーテンの間に隙間ができます。
sk-2

 

 

ただし、この方法はレースのカーテン(レール)がない場合にのみ有効です。(多少はマシになると思いますが)

 

レースのカーテンがあれば、いくらそこを塞いでも、

レールとレールの間から漏れてしまいますので(´-ω-`)

 

それに、上にズラすことで、カーテンが寸足らずになり、下からの光が気になる場合があるかもしれません。

 

そういう場合は、

カーテンボックスをつける

のが効果的。

 

カーテンボックスは、カーテンレールを覆うカバーのことです。

蓋みたいな感じですね。

 

これを取り付けると、フックの位置に関係なく、光漏れを防ぐことができます。

市販品もかなりあります↓

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと高いですが、見栄えはいいですし

壁に穴を開けたりする必要はありませんので、賃貸でも安心ですよ^^

取り付け方↓↓

 

カーテンボックスは、遮光対策はもちろんのこと、

・冬場の寒さ対策(冷気の侵入を防ぐ)

・夏場の断熱対策

などにも効果的です(*´▽`*)

 

スポンサードリンク

カーテンの光漏れ 横からの侵入を防ぐ方法

横からの光漏れを防ぐには、「リターン」を使います。

カーテンを、レースのカーテン部分まで折り返して、光の侵入を防ぐ方法です。
sk-4

 

 

やり方は簡単3ステップです。

1.カーテンのフックを端から2つ外す
sk-3

 

2.端から2番目のフックを、カーテンの端の金具に

一番端のフックを、レースのカーテンの一番端の金具に取り付ける

3.できあがり

sk-4

 

 

これでサイドからの光漏れも防げますね!

 

もしもカーテンの長さが足りなければ、2番目を端にかけずに、1番端だけをレースのカーテンにかける

なんて裏技もあります(‘◇’)ゞ

もしも、と言うよりはおそらく足りない方の方が多いかもしれません・・。

sk-6

 

これだと、先ほどよりも若干光が漏れますが、最初よりはだいぶマシになっているはずです。

before↓↓↓
sk-5

after↓↓↓
sk-6

 

ね?(`・ー・´)

 

レースのカーテンの端に取り付ける時、

一つの金具に二つのフックを通すのって結構大変なので、
(レースのカーテンの方を外してもいいんですが・・そうするとレースのカーテンの端が固定されないので・・)

そういう場合には、

・リターン金具

 

 

 

 

 

 

 

 

が売ってあるので、ホームセンターを覗いてみてください。

レース用カーテンレールの端に取り付けて使えます。

まとめ

遮光カーテンの光漏れ対策は

・フックの位置

・カーテンボックス

・リターン

です。

フックの位置やリターンはすぐにでも実践できるかと思いますが、

上からの光を今すぐなんとかしたい!という方は、

とりあえず家にあるダンボールとか、とかを切って置くと一時しのぎにはなるかもです(`・∀・´)ノ

スポンサードリンク

 - 生活の知恵