主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

かかとのぱっくり割れ 原因と治し方とは?水虫の可能性も?

   

毎年冬になると、悩む”かかとのぱっくり割れ”

ある時、歩いているとなんとなく踵が痛い・・・あ、と思って見てみると踵がぱっくり割れている!

なんて経験を持つ方も多いのでは?

普段からケアをすればいいのでしょうが、中々そうもいかず、なってから気づくという人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんなあなたのためにかかとのぱっくり割れの原因と治し方について書きたいと思います^^

何を隠そう、私も経験者ですので、自身の経験もふまえて、ご紹介します♪

スポンサードリンク

かかとのぱっくり割れの原因とは?

まず初めにぱっくり割れはどうして起こるのか知っていますか?

冬になると、割れるのでなんとなく乾燥が原因かな~?って思っていらっしゃる方も多いはずですね。

まさにその通りで、かかとのぱっくり割れ主な原因は「乾燥」です。

 

でもなんで、かかとだけこんなに乾燥の影響を受けるのでしょうか?

実はかかとは、皮脂腺がないので、元々油分が不足して乾燥しやすい場所なんですね。

それに加えて、足の裏は、体重を支えたり、地面と接したりと、常に刺激を受けているので、特に角質層が厚く作られていています。

 

健康な肌であれば、角質層には約20%の水分が含まれていますが、

刺激が多く、角質層が厚いかかとは、この水分がうまく行き渡らず、乾燥しやすいというわけです。

冬場は、空気が乾燥する上に、コタツや暖房など水分を奪っていく物がたくさん。

乾燥すると、角質層は、外敵から皮膚を守るという本来の役割を果たそうと、

ターンオーバーが早まってますます角質層が厚くなってしまい、そしてさらに乾燥・・・と悪循環に陥ってしまいます。

こうして厚くなったかかとに力が加わると・・・

ぱっくり割れ を起こしてしまうのですね。

という事で、乾燥を防ぐためには、古い角質を取り除く事と保湿する事 が大事になってくるわけです。

かかとのぱっくり割れ治し方

ではまず、古い角質を取り除く方法をご紹介します。

 

① お風呂や足湯などで、硬くなった角質を柔らかくします。

② 足の水分を拭き取ります。

③ 削りすぎに注意して、一方向にやすりをかけ、角質を除去していきます。

 

以上、簡単3ステップでした。

ここで絶対に注意したいのが、削りすぎ です。

足の水分を拭き取るのは、削りすぎを防ぐためです。

濡れた状態でやすりをかけると、角質を除去しすぎてしまいます。

 

あくまでも、古い角質を取り除く事が目的ですので、やりすぎてしまうと、必要な角質までも取り除いてしまう恐れがあります。

これは、逆に、肌を守ろうとして角質が厚くなってしまうので逆効果です。

 

ですので、削るのは週に1度くらいで十分です。

あまりに厚くて週1じゃ効果がない!という場合は、何日かに分けて少しずつ削っていきましょう。

落ち着いたら、週に1度程度にするようにしてくださいね^^

 

また、やすりは、 フットケア専用のやすり を使用する方がよいです。

軽石だと、刺激が強すぎて肌を傷つけてしまうのであまりオススメしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

では次に、保湿についてです。

これは、私の経験からいくと、普通の保湿クリームではほとんど効果がありません。

塗ったその時は保湿されたように感じますが、全く持続しません。

翌日にはすでにカサカサ。 ましてやひび割れには全く効きませんでした。

そこで私が最も効果があったと感じた物をご紹介しますね^^

 

それは、ココナッツオイル です。

ダイエットや美容効果さらにはアルツハイマー防止改善効果など、さまざまな効果がある事で有名になりましたね。

そのココナッツオイルが、かかとのカサカサひび割れにもとっても効果がありました!

私がしている手順を紹介しますと、

①お風呂上りに、かかとに化粧水をつける(ドラッグストアなどに売ってある安い化粧水です)

②ココナッツオイルを軽くマッサージするように、踵に塗りこむ

③靴下をはいてそのまま就寝

です。

 

ココナッツオイルは、割とサラサラしているので、そこまでべたつきませんが、念のためお手製の靴下をはいています。

保湿効果もありますしね♪

(寝るときに靴下をはくと、締め付けで寝にくいので・・いらない靴下の先端を切ってます)
image

これをするようになって、全然カサカサしなくなりました。

もちろん、ひび割れも。

かかとのひび割れにお悩みの方は、1度試してみて下さいね~♪

使っているのはこのココナッツオイルです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かかとのひび割れは水虫が原因かも?

今までご紹介した方法を実践しても全然治らないよ! という方は、もしかしたらそれは 水虫 かもしれません。

かかとに水虫?とびっくりされる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はかかとにもできるんですね。

 

厄介なのは、かかとにできる水虫の症状は、乾燥によるガサガサと、とてもよく似ているという事。

“かかとが乾いた鏡餅のようにパックリ割れて、痛くて歩けないということで皮膚科に行くと、水虫と診断された”

という話もあるようです。

この方は、水虫の塗り薬を使用していると、治ってきた という事ですよ。

ですので、なかなか治らないなぁと思ったら、一度皮膚科を受診される事をオススメします。

まとめ

かかとのぱっくり割れは本当につらいですよね。

今年の冬は、ぱっくり割れとはサヨナラして、ツルツルかかとを目指しましょう♪

スポンサードリンク

 - 美容、健康