主婦の気になるアレコレ

気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信しています

結婚式を安くする工夫!手作りと外注で私が節約した方法

   

img_2231

まずはご結婚おめでとうございます^^

これから、結婚式の準備が色々と大変かと思いますが、素敵な式となるよう頑張ってくださいね☆

 

ところで、結婚式ってビックリするくらいお金がかかります。

これまでの人生の中で一番高いお買い物って方がほとんどではないでしょうか。

プランナーさん任せにしていては大変なことになってしまいますよ。

無駄なところは省いて、節約するところは節約して、

満足の行く式にしましょう。

スポンサードリンク

結婚式を安くする工夫!

結婚式で最初にもらう見積書って、料理が一番安い値段で設定されていたり

あれもこれもついてない

っていうのがほとんどなので、最初の見積書から高くなる場合がほとんどです。

もー最初からちゃんと見積もりしてよ!!

って、思っちゃいますよね。

 

で、節約する方法としては

・必要ない演出は省く

・手作り&外注

です。

 

必要ない演出は省く

結婚式の演出って

・ブーケトス
・キャンドルサービス
・子供達からの花束

とかとか昔からの定番演出って結構ありますよね。

私も、これまで出席した結婚式では見てきたからやらなくては!!って、思ってたんですよね。

でもここ最近出席する結婚式ではこいった定番の演出はないことが多いなと感じてます。

 

ブーケトスは、参加する女性人が既婚者ばっかりであれば必要ないですしね。

ブーケトスするお花ってあんなに小さいのに5000円くらいするんです。

5000円の花束って普通に注文したら結構なボリュームですよ?

 

それからキャンドルサービス。

これもメインキャンドルや各テーブルのキャンドルなどで結構かかります。

私の場合はメインと卓上合わせて85,000くらいでした。

が、キャンドルサービスは、後で考えると正直しなくても良かったなと思います。

ただ火つけて回るだけですからね。

それよりも、フォトラウンドにして、各テーブル回りながらみんなと一緒に写真を撮るとかの方が良かったな。

これなら、写真撮影用に、みんなに持ってもらう小物を準備するだけでいいので。

 

演出を削れば、大きくぼんっと節約することができます。

出席した結婚式の中で、ケーキカットなしってのもありましたよ。

なので、固定観念にとらわれずいらないかなって思う演出は削っていきましょう。

 

結婚式を安くするには手作りと外注が基本

結婚式に必要な物を式場に頼むと高いので、手作り外注で安く済ませましょう。

 

・招待状・席次表・席札を手作りしよう

招待状を式場で頼むと、安くても4、500円しますが、

ネットで頼むと、1枚300円程です。

1枚100円でも100人分だと10000円の差が出ます。

 

同じ様に席札席次表も手作りした方が安く、これだけで数万円は安く抑えることが可能です。

ただ、手作りの場合は自分で印刷をする必要がありますが、

これはテンプレートが用意されているのでそんなに難しいことではないですよ。

 

平安堂なら、無料サンプルももらえるので、素材やデザインを確かめてみてはいかがでしょうか。

>>結婚式招待状・席次表などペーパーアイテムの専門店 平安堂ウェディング

・プロフィールやオープニングムービーを手作りしよう

・オープニングムービー(40000円)
・プロフィールムービー(50000円)
・エンドロール(80000円)

披露宴の演出で、ムービーを使う方多いです。

確かに、ゲストはお相手のことを知らないわけですし、生い立ちの映像があるとわかりやすくていいですよね。

オープニングやエンドロールも演出としては素敵だと思います。

が、お値段が半端じゃないんですよ。()内は私があげた式場でのお値段ですが、

エンドロールは写真じゃなくて動画にするとなんと17万円です。

 

これらの映像は、自分でも作れます。

写真を集めたり、取り込んだりとなかなか手間はかかりますが、

それでも自分で作れば無料です。

それに作るの、私は案外楽しかったですよ。

 

おそらくどのPCにも標準で入っているWindowsムービーメーカーを使えば作成可能ですが

もう少しおしゃれに仕上げたいということであれば、専用のソフトが1万円くらいで購入できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デジカメde!!ムービーシアター6 Wedding ダウンロード版
価格:8964円(税込、送料無料) (2016/12/8時点)

 

ぜひ、検討してみてください。

 

・お花関係は外注した方が安い

ブーケトス用の小さな花束が5000円した。

ということからもわかるように、式場にお花を頼むとものすごく高いです。

なので、式場ではなく、お花屋さんに自分達で頼んだ方が安く済む場合が多いです。

 

持ち込み不可の式場もありますが、

会場の装飾を外注するには持込料がかかるけど

ブーケ花束などはOKという式場もあります。

その場合にはぜひ、外注のお花屋さんを検討してみてください。

 

・引き出物を外注しよう

引き出物も外注した方がお安くなる場合が多いです。

実はあの引き出物が入っている袋。

あれも有料なんですよね。式場に頼むと300~500円くらい。

私の式場では引き出物は持込不可だったので、仕方なく式場で頼んだのですが、

カタログギフトを頼んだら、システム料として45000円別に取られました。(システム料金って何ー!!)

 

例えばこちらのPIARY(ピアリー)楽天市場店なら、おもてなしセットっていうのがあって

カタログギフトにプラスして、お菓子などのあと1品(種類選択可能)と袋が無料でついてきます。

 

それと、個人的におすすめなのがPIARYの中にある「ヒキタク」です。

当日はお知らせカードのみで、引き出物は自宅に配送するっていうサービスです。

これなら、袋や持ち込み料なんかも必要ないですし、何よりゲストにとってはとても助かるサービスですよね。

 

結婚式の帰り、重たい引き出物を持って2次会に行くの、結構大変ですもんね。

主人が一度、引き出物宅配の結婚式があったらしく、感動してましたよ。

 

・フォトアルバムも外注で

前撮りや、結婚式当日の写真をアルバムに仕上げるフォトブック。

確かに記念としては良いのですが1冊10万以上します。

当日の撮影が込みになっているっていう場合には仕方ないかもしれません。

自分達の記念に1冊くらいは良いかもしれませんが、両親にもとなるとちょっとね・・。

 

そこでおすすめなのが、データをもらって、アルバムは自分達で外注にお願いする方法です。

例えばココアルなら、1冊あたり20ページで3600円(税別)で作ることが可能です。

2冊なら6280円、3冊なら8960円。

これなら、両親に、おじいちゃんおばあちゃんにと記念に配ることができるのでいいですよ。

私は両親に渡しましたが、喜んでくれてました。

>>フォトブック作成サービス ココアルクイック

 

 

その他、節約できる所といえば、

・カメラマン
→知り合いにお願いできる人がいれば、式場に頼むより格安。(ただし、仕上がりがいまいちの場合もあるので要検討)

・ウェルカムボード
→式場のフェアで似顔絵を描いてもらえるのがあったのでそれを使いました(無料♪)
また、100均のグッズを使えばリーズナブルに。工夫次第で100均には見えない仕上がりに→(グーグル画像)

 

それから、ブライダルエステも式場から提案があると思いますが、お高いので自分で探して通う方がおすすめです。

また、忘れてはいけないのが背中の毛の処理。

背中は絶対に見られていますので、抜かりなくですよ。

 

私は、エステでシェービングをしたのですが、断然脱毛の方をおすすめします。

シェービングをしたらものすごく肌荒れして、しかもそりの残しもあって、これなら彼にしてもらった方がいいのでは?と感じたくらいです。

もう二度とシェービングはしません。

 

脱毛ならその時だけではなく、今後もずっと生えてこない。

ので、お金を自由に使える今のうちにしておくことをおすすめします。

>>脱毛サロン ミュゼプラチナム

 

【こちらもどうぞ参考に☆】

関連記事結婚式の席次表プロフィールの項目は?面白い質問を入れて作ろう!

関連記事結婚式の席札に書くメッセージの文例!最初の挨拶と親戚上司へ

関連記事結婚式のペーパーアイテムを手作りで!何が必要?作り方は?

関連記事結婚式のお車代封筒は何を使う?書き方や入れ方!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

節約できるところって、結構ありますよね^^

あまりにもケチケチしすぎると、ゲストにそういう印象を与えてしまうので、

拘るところはこだわって、上手に節約していきましょう!

例えば、ゲストへの料理は結構大事です。

それでは、素敵な式となりますように☆

 

スポンサードリンク

 - 生活の知恵