気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信中♪

主婦の気になるアレコレ

熊本の花火大会

江津湖花火大会2018!交通規制や観覧席 穴場スポットなどまとめ

投稿日:2018年6月4日 更新日:

江津湖で開催される花火大会。
アクセスも良く、打ち上げ数も多い(10,000発)ので
昨年は多くの人で賑わいました。

今年の人出は7万~10万人と予想されていますよ。

さて、そんな江津湖花火大会について
交通規制や駐車場、観覧席や穴場鑑賞スポットについて
など、お役立ち情報をまとめました。

お出かけの参考にどうぞです!

スポンサードリンク

江津湖花火大会2018!日程やアクセスは?

念のために、江津湖花火大会2018の基本情報です。
知ってるわ~
って方は読み飛ばして次に行ってくださいねー。

開催日程:2018年9月29日(土)
打ち上げ時間:18:45分~1時間程度
打ち上げ場所:下江津湖周辺(水前寺江津湖公園広木地区)
打ち上げ数:1万発

2018年(平成30年)は9月末の開催予定です。
昨年は10月に入ってからだったので、比べると今年は早いですね~。
(今年以降9月の最終土曜日に固定になるみたいです。)

打ち上げ時間は18時45分から、1時間程度です。
花火大会って20時~とかが多いけど
江津湖の花火大会は早いですね?

9月末の19時ってもう暗いんだっけ?
まだ明るくないの??
って、思って調べてみたら、日の入りは18:06分予想でしたー。

花火大会が終わった後は、だいたい混雑して
帰り渋滞で、家着くの遅くて・・
ってなりがちだけど、このくらい早い時間から打ち上げてくれると、
全体的に早くなるので嬉しいですね。

江津湖花火大会の打ち上げ場所は?

水前寺公園は広いですが、花火が打ち上げられるのは
57号線よりも南側の端っこ。
下江津湖、広木地区です。

江津湖花火大会 雨天の場合は延期?

江津湖花火大会は9月29日(土)に開催予定ですが
雨天決行、荒天時は30日(日)に順延の予定です。

ここ数年の9月29日の天気を調べてみました

2017年→晴れ
2016年→くもり
2015年→晴れ
2014年→晴れ
2013年→くもり

ここ5年間、雨は降っていないので
きっと晴れて開催されるでしょう!(希望)

ちなみに、昨年は10/14(土)と少し遅い時期の開催でしたが
土砂降りの中開催されました。
ただ、2015年は翌日に順延となりましたので、晴れてくれ!
と、祈るのみですね。

江津湖花火大会の交通規制は?

江津湖花火大会では、交通規制があります。
規制の時間は
午後5時~10時(一部午後7時~10時)の予定です。

2018年の詳しい情報はまだ発表されていませんが
おそらく2017年と同じようになるのではないかな、と思います。
→2017年の交通規制

当日は結構広い範囲で周辺が交通規制になりますし
公園の駐車場も一般の人はとめられませんので
臨時のシャトルバスを利用するか、公共の交通機関を利用して行くようにしましょう。

江津湖花火大会は臨時のシャトルバスが出る

大会当日は、熊本市内各所から、会場へ臨時のシャトルバスが出ます。
ただ、駐車場が用意されているのは、運転免許センター(500台)のみですので、ご注意を。

【シャトルバス情報】

時間
行き:午後3時~6時半
帰り:午後7時半~10時

経路
A:城彩苑⇔観覧会場西側(専用駐車場なし)
※帰りのみ、新水前寺駅にて途中下車可
B:熊本駅白川口⇔観覧会場南側(専用駐車場なし)
C:県運転免許センター⇔観覧会場北川(専用駐車場500台)
D:健軍電停北側⇒熊本市役所(帰りのみ

行きのシャトルバスは18時半が最終です、その時間以降は運行しませんので
時間に余裕を持って行かれてください。
なお、花火終了後に市内中心部へ向かう方(市役所降車)は
帰りのみ運行のD経由がおすすめです。(新水前寺駅前も経由しますよ)

江津湖花火大会に公共の交通機関で行く場合

市電で行く場合
『神水・市民病院前』『動植物園入口』『健軍町』で下車。
そこから、徒歩15~20分程です。

その他、各方面からのバス(既存の)もありますが
当日は本数を減らす路線もあるので、利用される場合は事前に確認をしておいた方が良いです。

スポンサードリンク

江津湖花火大会の観覧席は?有料席はあるの?穴場スポットは?

江津湖花火大会、2017年は市民協賛として協力してくれた人に(一口2,000円)
特別観覧席が用意されました。
実質、有料観覧席みたいなものですね。

今年2018年も、
観覧席4,500席を設けられる予定です。
この特別観覧席には、エリア専用の出店も出店予定ですし
花火に近い良い席で鑑賞したいって方は購入されてはいかがでしょうか。

その他、会場付近で花火がよく見える場所は
江津塘東部浄化センターのあたり。
→2017年交通規制マップ

その他、2017年は熊本市動植物園も、花火観覧エリアとして無料解放されました。
(午後4時半~午後9時半まで)
動植物の観覧はできませんが、遊戯施設(乗り物)は午後4時以降も運行されていましたよ。(乗り物は有料)
早めに行って、楽しみながら花火開催を待つのもいいですね。
今年も解放されることを期待しておきましょ。

ただし、動植物園の駐車場が利用できるのは、午後4時までで
それ以降は交通規制がかかり、翌日の朝8時半まで出庫ができませんので注意してくださいね!

当日は屋台、出店も結構でるので(昨年は全部で100店舗以上)
その雰囲気を楽しむのも花火大会の醍醐味だと思うのですが、
人混みは嫌、ミュージック花火?いや、花火が見えればいいや
って方は、結構色んな場所から見れると思います。

お近くにお住まいであれば、もちろんお家のベランダからとか
ほんとに遠くても良ければ『花岡山公園』とかも、夜景と合わせて見られるスポットです。

江津湖花火大会のまとめ

熊本市内で開催される人気の花火、江津湖花火大会。
今年も無事開催されることになり、良かったな、と思います^^

せっかくですので、ぜひぜひ楽しんできてくださいね☆

スポンサードリンク

-熊本の花火大会

PICK UP記事と広告

Copyright© 主婦の気になるアレコレ , 2018 All Rights Reserved.