気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信中♪

主婦の気になるアレコレ

ダイエット

正月太りをリセットする方法!食事メニューやレシピを紹介

投稿日:

ご飯を食べる太った女性

お正月につい食べ過ぎて『正月太り』で悩んでいませんか?
たまには羽根を伸ばして、好きなものを食べて楽しむのも良いのですが、
太るのは、ちょっといただけないですよね・・。

いつも履いていたスカートやパンツのウエストがきつくなった・・・なんてことも。
今回は、そんなお正月太りをリセットするための
食事メニューやレシピを紹介します。

ちなみに、ウェストがきつくて入らなくて困っている時に使える技は『ウエストがきついスカートの応急処置や簡単な直しの方法!』で紹介しています。

スポンサードリンク

正月太りをリセットする方法!

年末からお正月にかけての食べ過ぎで、太ってしまった・・・
体重が増えると痩せないと!!
と、焦ってしまいますね。

でも、今これを読んでいるのが正月太りからまだ日が経っていないなら、まだ焦らなくても大丈夫。
つきたて、出来立ての脂肪は落ちやすいからです。

ガチガチでなかなか落ちないセルライトとは違って、ついたばかりの脂肪は『水分』を多く含んでいます。
水分を含んでいる分柔らかいので、運動などによって筋肉を動かすことで
比較的短期間で分解して、落とすことができるのです。
これから紹介する『食事』と合わせて、できる範囲でウォーキングやストレッチなど運動を取り入れてみてくださいね。

また、正月太りの原因は『むくみ』も一つの原因です。
お正月に食べる料理は塩分を多く含んでいるのでむくみやすいと言われています。
その場合の対処法は『正月太りのむくみは塩分が原因?簡単に解消する3つの方法!』で紹介していますので、こちらも合わせて読んでみてください。

正月太りをリセットする食事メニューやレシピを紹介

お正月に、たくさん食べてしまった胃袋は以前よりも大きくなってしまっています。
胃袋が大きくなっている、ということはそれだけたくさん食べないと満足できないということです。
今までの食事の量では、お腹が空くってことですね。
まずは、この大きくなってしまった胃袋を元に戻さなければいけません。

とはいえ、満腹にならない状態で食べる量を減らせと言われても、辛いものがありますよね。
そこで、おすすめなのが、食事の前に『野菜』を食べる事です。

食事の最初に、食物繊維の多い野菜を食べることによって

  • 糖の吸収を抑えられる
  • 脂肪の吸収を抑えられる
  • 満腹感が得られる

という効果があります。

野菜を先に食べる事で、少量しか食べられないというストレスを減らすことができます。
また、先に野菜を食べることで空っぽの胃が落ち着くので、その後の食べる勢いも抑えてくれます。
そうなると、太りやすいご飯やおかずを食べる量が少なくて済みますね。

そう、野菜を先に食べるだけで自然とその後に食べる主食の量を減らすことができるのです。

また、食物繊維には血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きもあります。
逆に血糖値が急激にあがると、それを調節するためにインスリンという物質が多く分泌されるのですが
インスリンは、余った糖分を脂肪に変える役割も持っています。

インスリンの分泌が多いということは、結果として、脂肪が多く作られてしまうので
インスリンの分泌を抑えるような食事の仕方=血糖値を急激にあげない食事の仕方
が、ダイエットには効果的です。

ご飯や麺などの炭水化物は急激に血糖値をあげる食べ物なので、必ず順番は後にです。

この野菜の効果は、茹でたり焼いたり火を通すよりも生で食べた方が効果的です。
おすすめなのは、食物繊維を多く含む『キャベツ』です。

焼肉牛角のやみつき塩キャベツは、止まらなくなるくらい美味しいですよ。
塩、昆布茶、ゴマ油で簡単に作れる簡単レシピなので、キャベツだけって味気ないな~と思われたらこちらもぜひ作ってみてください。

Cpicon 牛角のやみつき塩キャベツを再現 by Lily maman

スポンサードリンク

フルーツで疲れた胃腸を休めよう

年末年始の暴飲暴食によって、胃腸はかなりお疲れのはずです。
胃腸を酷使することは、太る原因でもあります。

疲れていると、動かすためにエネルギーがたくさん必要になりますが、そのエネルギーの元になるのは脂肪です。
エネルギーが必要=脂肪が必要=たくさん脂肪のストックが必要
と、身体が考えるので、必然的にお腹周りにお肉がつきやすくなってしまいます。

ですので、脂肪をつけないためにも疲れた胃腸を休ませてあげましょう。

胃腸の負担を軽くするためには、消化の良いものを食べます。
消化に良いものと言えば、うどんや雑炊などがありますが、いずれも炭水化物なので・・
今の時期にお勧めなのは、朝食を『フルーツ』にすること。

実は、人間は朝の4:00から正午くらいまでの時間が
一番排泄&浄化が行われやすい
と言われています。
この時間帯に、消化が良く胃腸の負担にならないフルーツを食べることで、
さらにその効果を高めることができるのです。

(この時間帯にお米や肉などしっかりした物を食べると、そちらの消化にエネルギーを使ってしまって
肝心の排泄と浄化ができないことも・・)

リンゴ、みかん、グレープフルーツ、苺、キウイ
など、好きなフルーツを、必ず生で食べるようにします。

とは言え、毎日朝からフルーツを切るのは面倒・・って方は『酵素ドリンク』もおすすめです。(※手っ取り早く体重を戻したいならファスティングが一番だと思います。)

ちなみに、代用品としてジュースはNGです。
砂糖が加えられていたりするので、ダイエットには不向きだからです。

正月太りをリセットする食事まとめ

と、いうことで、正月太りをリセットするためには、
・太った胃袋を元に戻す食事
・疲れた胃腸を休ませる食事
この二つを意識することが大切です。

それから、もしも可能であれば『炭水化物抜きダイエット』も個人的にはおすすめです。
主食である米や麺類を食べないダイエットですが、私自身は2kg程減りました。

ただ、主食をいきなり食べないっていうのはなかなか辛いと思うので、
事前にキャベツなどの野菜を食べることで、その後の主食を食べる量を減らすように調節してみてくださいね。

それでは、
まだまだ脂肪が落としやすいうちに、しっかりと戻しておきましょう~♪

スポンサードリンク

-ダイエット

PICK UP記事

Copyright© 主婦の気になるアレコレ , 2017 All Rights Reserved.