気になるアレやコレ 日々の生活に役立つ情報を発信中♪

主婦の気になるアレコレ

熊本の花火大会

うと地蔵祭り2018!花火や交通規制 出店 駐車場情報まとめ

投稿日:2018年6月11日 更新日:

熊本県宇土市で開催される『うと地蔵祭り

8月下旬に2日間に渡って開催されるお祭りは、
コンサートやパレード、それに花火大会も行われ
町全体が盛り上がる、そんなお祭りですよ^^

今回はそんなうと地蔵祭りについて、交通規制や花火、出店、駐車場情報などをまとめます。
お出かけの参考にどうぞ☆

スポンサードリンク

うと地蔵祭り2018!

うと地蔵祭りは、毎年日にち固定で
8月の23日、24日に開催されるお祭りです。
なので、ほとんど平日になるわけですが
それでも約10万人程が訪れる、賑やかなお祭りですよ^^
(天候により、中止になることもあります。)

ちなみに地蔵祭りの由来は、
約360年前、疫病によって子供が亡くなってしまうことが多かったため
このような事が起こらないようにと
子供の守り神である地蔵菩薩に祈願したことから始まった
と、言われています。

長く続く、伝統のあるお祭りですね。

うと地蔵祭りの場所はどこ?

宇土地蔵まつりが開催されるのは、宇土市本町通り一帯です。

うと地蔵まつりの見どころは?

さてそんな、うと地蔵まつりでは、
宇土市街地一体で、子供達が飾り立てしたお地蔵さんが開帳されます。
船場橋界隈では、お地蔵さん横丁なるものが登場し、たくさんのお地蔵さんが迎えてくれますよ。
メインの本町通りとはまた違って、落ち着いた雰囲気のある場所ですから
ぜひ、立ち寄ってみてくださいね。

それとこのお祭りで見逃せないのが、『造りもん』です。
それぞれの町内会で毎年作る、様々な大きさのオブジェですが
その時の世相を表す流行のものや、伝統のものまで思い思いに作った物が飾られますので面白いですよ。

また、23日24日、両日は
市街地一体での民謡パレードや、市民会館前特設ステージでの太鼓の演奏
市民会館での歌謡祭、陸上自衛隊による演奏会や装飾品の展示
などが毎年開催されています。

2018年の内容はまだ決まっていないので、発表があり次第追記しますね!

あ、それから
円応寺にある地獄絵図がこの祭りの期間だけ開帳されますので
そちらもぜひご覧になってみてください。

うと地蔵祭りの交通規制は?

うと地蔵まつりでは、市街地全域に交通規制があります。
こちらも2017年の物ですが、おそらく同じようになるのではないかと思われます↓

【交通規制】

歩行者天国:本町通り
23日:午後6時~午後10時
24日:疑義6時~午後9時半

全面通行止め:県道14号線⇔肥後銀行
23日花火大会:午後6時~午後10時
(雨天24日延期の場合は24日も同様に)

→2017年交通規制マップ

うと地蔵祭りに駐車場はある?

うと地蔵祭りには、会場周辺にいくつか無料の駐車場が設けられています。
ただ、1000台分しかありませんので、例年早い時間から埋まってしまいます。
特に花火の日には、早めに出かけておきたい所ですね。

大会公式ページにも、
お祭りに自家用車で来られる方は,時間にかなりの余裕をもってお越しください。
と書いてありますよ。

駐車場の場所は、交通規制マップに記載されています。
→2017年交通規制マップ
行ってみて、探しつつ開いているところにとめる!
っていういのが手っ取り早いかもしれません。

ただ、車の場合とめられたとしても、
帰りも出るのが大変なので
渋滞は嫌って方は電車を利用した方が時間に縛られずに
スムーズに帰れると思います。

会場までは、JR宇土駅から徒歩15分程です。
こちらも花火終了後はとても混雑しますので、予め帰りに切符は買っておくのが賢いと思います。

スポンサードリンク

うと地蔵祭りは出店もある!

メイン会場である、本町通り一体は午後6時頃から歩行者天国になり
屋台がたくさん並びます。

たこ焼き、リンゴ飴、唐揚げ、かき氷・・・
などなど定番の美味しい物がたくさん並んでます。
が、特に花火前、1日目はとても混雑するので、並ぶのが嫌な人は
なるべく早めに購入されることをおすすめします!

うと地蔵祭り花火の打ち上げ時間は場所は?

お祭りの盛り上がりイベント、花火は
お祭り1日目の23日に開催予定です。
ただ、天気によっては24日に延期されることもありますので、要注意です!

打ち上げ数:約3,000発
打ち上げ時間:20:30~21:10

打ち上げ場所は、善道寺町の田園地帯です。

花火は、お祭り会場からはもちろんのこと、
・宇土シティモール
・トライアル
・オートバックス
あたりからも見ることができます。

特に宇土シティモールでは、花火に合わせて屋上駐車場でイベントが開催されています。
かき氷やビールなども用意されていますから
こちらでの花火鑑賞もまた良さそうですね。
仮設のトイレではない、っていうのもいいです。

ただ、帰りはこちらもかなり車の渋滞で出るのが大変であることは間違いないでしょう。

うと地蔵まつりまとめ

以上、うと地蔵まつりの紹介でした。
屋台もたくさん出て、花火もあって
約10万人が訪れるという、とても楽しいお祭りです。

毎年ちょっと、お天気が悪くて
雨が降らないか今年も心配ですが、晴れることを祈りましょう!
楽しんできてくださいね♪

スポンサードリンク

-熊本の花火大会

PICK UP記事

Copyright© 主婦の気になるアレコレ , 2018 All Rights Reserved.